LOL英語第6話エーテルウィスプAether WispというLOLアイテムについて英語解説雑談をしてみます。

LOL英語第6話エーテルウィスプAether WispというLOLアイテムについて英語解説雑談をしてみます。

*投稿=2019年2月17日日曜

LOL英語第6話をつぶやいてみますね。今回英語解説雑談するLOLアイテムはエーテルウィスプAether Wispです。メイジ向けでリッチベインやアーデントセンサーの素材のアイテムです。エーテルウィスプについて以前に動画で俺はLOL英語解説をしています。https://nicovideo.jp/watch/sm33123158
しかし今回は内容を一新してつぶやいてブログにまとめてみます。まずエーテルは古代ギリシャ語で「輝く空気の上層」という意味です。つまり「宇宙」という意味です。勉強で一番面白いのは雑談なのでエーテルの雑談をします。古代ギリシャの哲学者であるアリストテレスはエーテルは宇宙を構成する元素であると提唱しました。これは古代ギリシャでは哲学者が宇宙学者を兼任していたからです。またエーテルの別名であるアイテールはギリシャ神話で原初神であり天空を司る神です。このエーテルウィスプや前回のイージスの盾について詳しく調べるとLOLはギリシャ神話やギリシャ時代に大きく影響を受けているのが分かります。エーテルウィスプの英語解説に戻ります。次にウィスプは束(たば)という意味です。ゆえにエーテルウィスプは「ギリシャ時代に空や宇宙を構成する元素と言われていたエーテルを束にしたもの」という意味です。確かにエーテルウィスプをよく装備するのは魔法使いです。エーテルウィスプを装備すると魔法が捗りそうですね。

LOL英語第5話イージスの盾Aegis of the Legionについて英語解説雑談をしてみます。

LOL英語第5話イージスの盾Aegis of the Legionについて英語解説雑談をしてみます。

*投稿=2019年2月15日金曜

LOL英語第5話をつぶやいてみますね。今回英語解説雑談するLOLアイテムはイージスの盾Aegis of the Legionです。愛称は金盾でタンクサポートがよく積みます。イージスの盾Aegis of the Legionについては以前に動画で俺はLOL英語解説をしています。しかし今回は内容を一新してつぶやいてブログにまとめてみます。
https://nicovideo.jp/watch/sm33123158
まずはAegisの意味ですが「ギリシャ神話の最高神であるゼウスが娘アテナに授けた盾」です。勉強で一番面白いのは雑談なのでアテナの雑談をします。アテナはギリシャ神話でギリシャの都市であるアテネを守る女神です。またアテナはギリシャ神話で知恵や芸術や慎重な戦争の女神でもあります。またギリシャ神話のアテナはローマ神話のミネルバです。ミネルバは機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場する戦艦の名前の由来となりました。イージスの盾Aegis of the Legionの解説に戻ります。Legionの意味は軍隊という意味です。英語の原則ですが英語は「この世に1つしかないもの」にtheをつけます。例えば太陽は地球にとってこの世に1つしかないので英語でthe sunと書きます。海も英語でthe seaと書きます。海は各地域によって太平洋や大西洋などと呼び名はいろいろあります。しかし英語圏では海はひとつなぎのものでこの世に1つしかないと考えられているからです。この「この世に1つだけあるものにはtheをつける」という英語の大原則を知っていると英語を読んだり書いたりするのがとても簡単になるので是非覚えて下さい。イージスの盾Aegis of the Legionの解説に戻ります。それぞれの英単語の日本語の意味を繋げて和訳すると「その軍隊のイージス」です。この直訳では意味がちょっと分かりません。そこで先程解説した「この世に1つだけあるものにはtheをつける」という英語の大原則を考えます。するとAegis of the Legionの訳は「この世に1つだけある軍隊のイージス」となります。更にイージスの盾は自分をもっと言うと味方チームを守ってくれることも考えます。まとめるとAegis of the Legionの訳は「この世に1つだけある軍隊のイージス」でAegis of the Legionを装備すると自分や味方チームを守ってくれます。つまりthe Legionの訳は「この世に1つだけある軍隊」ですがこれは「味方チーム」を指します。Aegis of the Legionを分かりやすく訳すと「その軍隊(=味方チーム)のイージス」です。しかしゲーム内ではAegis of the Legionの和訳は「イージスの盾」となっています。これは「その軍隊(=味方チーム)のイージス」だとイージスを知らない人にはどういう防具であるか分かりません。なのでイージスの説明である盾をアイテム名に含んでいます。更に「その軍隊の」をアイテム名に入れるとアイテム名が長くなるので「その軍隊の」を省略しています。

LOL英語第4話アダプティブヘルムAdaptive Helmについて英語解説雑談をしてみます。

LOL英語第4話アダプティブヘルムAdaptive Helmについて英語解説雑談をしてみます。

*投稿=2019年2月14日木曜日

LOL英語第4話をつぶやいてみますね。今回取り上げるアダプティブヘルムAdaptive Helmも以前に動画で英語解説雑談していますが内容を一新してつぶやいてブログにまとめてみます。
http://nico.ms/sm33112968
アダプティブAdaptiveは「適応できる」という意味です。アダプティブという言葉はLOLの中で他にも使われています。それはアダプティブダメージです。アダプティブダメージは使用チャンプが物理攻撃力キャラなら物理攻撃力を上げ魔力キャラなら魔力を上げます。アダプティブダメージは「使用チャンプが物理攻撃力キャラでも魔力キャラでも適応できるダメージ」という意味です。アダプティブヘルムの解説に戻ります。ヘルム=Helmは「兜」という意味です。ヘルメットはヘルムの類義語なので仲間です。アダプティブヘルムの機能は「魔法ダメージを受けると同じ魔法やアイテムから受けるダメージを4秒間和らげる」です。この機能から「同じ魔法やアイテムからの魔法ダメージを4秒間20%和らげることに適応できる兜」という意味でアダプティブヘルムAdaptive Helmと名付けられたと思います。

LOL英語第3話アビサルマスク=Abyssal Maskについて英語解説雑談してみます。

LOL英語第3話アビサルマスク=Abyssal Maskについて英語解説雑談してみます。

*投稿=2019年2月13日水曜

LOL英語第3話をつぶやいてみますね。今回からは今のLOL英語アイテム名をアルファベットの最初から解説雑談してみますね。https://na.leagueoflegends.com/en/game-info/items/
今回はアビサルマスク=Abyssal Maskについて英語解説雑談してみます。Abyssal Maskについては以前にLOL英語解説雑談動画を作っていますが内容を一新してつぶやいてブログにまとめてみます。
http://nico.ms/sm33112968
Abyssalは「深海の」や「(深海程に深い)深淵な(=深くて神秘的な)」という意味です。Maskは「仮面」という意味です。なのでAbyssal Maskは「深淵な仮面」という意味です。Abyssal Maskを装備すると周囲にいる味方の魔法ダメージが上ががります。なので「深淵な仮面」という名前はマッチしてます。あと勉強で一番面白いのは雑談です。なのでAbyssalの雑談をします。Abyssalは形容詞で名詞形はAbyssです。日本語読みはアビスです。このアビスという言葉はたくさんのゲームやアニメや映画で登場します。例えば今2019年2月に劇場版総集編が絶賛放映中のメイドインアビスです。この作品では大きく深い縦穴が存在します。その縦穴のそばに住む主人公がその縦穴を探窟する物語です。Abyss=アビスの意味は「深い縦穴」という意味です。題名のメイドインアビスを英語で書くとMade in Abyssです。主人公が深い縦穴そばに住んでいるので「深い縦穴で生まれた(主人公)」という意味です。またテイルズオブシリーズ8作目で2005年にナムコがPS2で発売した「テイルズ・オブ・ジ・アビス」のアビスも「深い縦穴」や「奈落の底」を意味するAbyssです。

LOL英語第2話バフ=buffについての語源と類義語のbuffalo=水牛についての面白い雑談。

LOL英語第2話バフ=buffについての語源と類義語のbuffalo=水牛についての面白い雑談。

*投稿=2019年2月12日火曜

LOL英語の第2話をつぶやいてみますね。テーマはバフです。LOLではジャングルに赤バフや青バフがいますね。またLOLでは運営がパッチでチャンプやアイテムを強化することをバフと言いますね。バフの綴りはbuffです。buffの元々の意味は金属やレンズ等を磨く淡黄色や黄褐色の牛革です。昔はbuffという牛革を使って金属やレンズ等を磨いて鍛え上げていました。なのでbuffは鍛え上げるとか強化するという意味になりました。また水牛をbuffaloと言います。牛革という意味のbuffを持つ水牛をbuffaloと言います。