爪水虫は熱いお風呂の湯船に毎日10分浸かるだけで良くなることがあります

爪水虫は熱いお風呂の湯船に毎日10分浸かるだけで良くなることがあります

2018年12月19日水曜20時29分から20時49分まで:文章執筆投稿

爪水虫をご存知でしょうか?。爪は皮膚と構成成分がほとんど同じなので、爪も水虫菌に襲われるのですが、水虫菌に襲われた爪のことを爪水虫と言い、特に寒い冬に足の親指の爪が爪水虫になる人が多いです。爪水虫はひどくなると炎症が起き赤く腫れて歩けなくなる程に痛むことがあります。そんな結構痛い爪水虫ですが、熱いお風呂の湯船に毎日10分浸かるだけで良くなることがあります。それはなぜかと言うと寒い冬に足の親指の爪に爪水虫ができやすいことと関係しています。寒い冬は血流が悪くなります。また、足の親指は体の先端であるため血流が悪いです。爪水虫ができる原因は血流が悪くなった爪が血流不足で爪水虫菌に負けてしまうことが原因と言われています。なので熱いお風呂の湯船に毎日10分浸かって体を温めて体の先端の血流を良くすると、爪水虫が良くなることがあります。