「今日2019年5月29日水曜日に発売されたiPod Touch第7世代はスマホゲーマーやアプリ処理速度を求める人に向いた端末です」

「今日2019年5月29日水曜日に発売されたiPod Touch第7世代はスマホゲーマーやアプリ処理速度を求める人に向いた端末です」
*執筆完了=2019年5月29日水曜日午前11時0分
*投稿SNS=2019年5月29日水曜日午前11時0分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午後4時3分
*今日2019年5月29日水曜日にiPod Touch第7世代が発売されました。
*iPod Touch第7世代に搭載されているCPUはA10 Fusionチップです。
*A10 FusionチップはiPhone7に搭載されていました。
*またiPod Touch第7世代はメモリ2GBを搭載していると推定されています。
*iPhone7もメモリ2GBを搭載していると推定されています。
*つまりiPod Touch第7世代とiPhone7のベンチマークはほぼ同じであると推定されます。
*さてiPhone7のベンチマークアプリAnTuTuの総合スコアは17万で3Dスコアは4万6千です。
*このベンチマークスコアはCPUのSnapDragonでいうと710シリーズに相当します。
*SnapDragon710シリーズはスマホのミドルレンジ最上位の性能です。
*さてiPhone7と現在同じ価格帯である約2万円で買えるSIMフリー新品スマホはHuawei P20 liteです。
*Huawei P20 liteのベンチマークアプリAnTuTuの総合スコアは8万7千で3Dスコアは1万3千です。
*このベンチマークスコアはCPUのSnapDragonでいうと630シリーズに相当します。
*SnapDragon630シリーズはスマホのミドルレンジの性能です。
*上記の数字の通り今日2019年5月29日水曜日に発売されたiPod Touch第7世代のベンチマークアプリAnTuTuのスコアは同価格帯であるHuawei p20 liteの約2倍です。
*スマホゲームやアプリ処理速度に関してだけ見ればiPod Touch第7世代は同価格帯であるHuawei p20 liteより約2倍優れています。
*なので今日2019年5月29日水曜日に発売されたiPod Touch第7世代はスマホゲーマーやアプリ処理速度を求める人に向いた端末です。
*しかしiPod Touch第7世代はSIMカードを使うことができません。
*端末を購入する際には他のたくさんの要素のご検討もお願いします。

「2019年3月29日発売のiPad miniとiPad Airはスマホとタブレットのゲーマー向けです」

「2019年3月29日発売のiPad miniとiPad Airはスマホとタブレットのゲーマー向けです」
*執筆完了=2019年5月29日水曜日午前8時2分
*投稿SNS=2019年5月29日水曜日午前8時5分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午前8時39分
*2019年3月29日発売のiPad miniとiPad Airが搭載しているCPUはA12Bionicチップです。
*A12Bionicチップは現行のiPhoneの最高モデルであるiPhone XS Maxにも搭載されています。
*A12Bionicチップは処理速度が非常に速く特にスマホとタブレットのゲーマー向けです。
*iPhone XS Max SIMフリーの価格は約12万円からです。
*一方2019年3月29日発売のiPad miniの価格は約4万4千円からです。
*また2019年3月29日発売のiPad Airの価格は約5万3千円からです。
*処理速度が非常に速いA12BionicチップをiPhone XS Maxに比べてiPad miniとiPad Airは非常に安く買えます。
*上記の通り2019年3月29日発売のiPad miniとiPad Airはスマホとタブレットのゲーマー向けです。

「ApplePencil第2世代はApplePencil第1世代に比べて大幅にパワーアップしています」

「ApplePencil第2世代はApplePencil第1世代に比べて大幅にパワーアップしています」
*執筆完了=2019年5月29日水曜日午前7時13分
*投稿SNS=2019年5月29日水曜日午前7時15分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午前8時7分
*ApplePencil第2世代はApplePencil第1世代に比べて描画速度が速くペン先と筆記描画が離れません。
*またApplePencil第1世代は充電とペアリングをするときはiPadに挿さないといけませんでした。
*しかしApplePencil第2世代は充電とペアリングをするときはiPadの本体側面にマグネットでくっつけます。
*このようにApplePencil第2世代はApplePencil第1世代に比べて大幅にパワーアップしています。
*しかしApplePencil第2世代を今使えるのはiPadProだけです。
*ですがApplePencil第2世代は今後普及が見込まれます。

「折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが想定外にかなり良いです」

「折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが想定外にかなり良いです」

*投稿=2019年5月24日金曜午前08時12分
*誤字訂正=メインストリート→メインストリーム=2019年5月24日金曜午前09時11分

*今年2019年中に海外で折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが発売される予定です。
*予想販売価格は30万円です。
*未来の折りたたみスマホは過去の折りたたみガラケーを彷彿とさせ無意味であると揶揄する馬鹿がいます。
*しかしその揶揄は絶対に間違っています。
*過去の折りたたみガラケーは折りたたみ内側に広いメインディスプレイとテンキーを備え折りたたみ外側に小さなサブディスプレイを備えていました。
*つまり過去の折りたたみガラケーは過去のストレートガラケーに比べ持ち運び時はガラケーの厚みを少し増やしただけでそれ以上の快適な操作性を実現したものでした。
*実際に過去の折りたたみガラケーは過去のストレートガラケーを凌駕しメインストリームになりました。
*その折りたたみがもたらす操作性の向上は未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットにも必ず活かされます。
*どうしてかと言うと過去の折りたたみガラケーに比べて未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットがパワーアップしている点が2点あるからです。
*まず1点目は現代のスマホやタブレットは画面を分割して使うマルチタスクがとても便利ということです。
*マルチタスクの例は画面の半分で動画を見ながらもう半分でSNSをしたりブラウジングをしたりすることです。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて画面が2倍になるのでこのマルチタスクがとても捗ります。
*つまり未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは持ち運び時は現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて少し厚いだけですがマルチタスク力は2倍ということです。
*次に2点目ですが現代のスマホやタブレットの電池と液晶素子は過去のガラケーの電池と液晶素子に比べてとても薄くなった点です。
*過去の折りたたみガラケーの電池はテンキーの背面にありました。
*メインディスプレイの背面にはサブディスプレイもありましたので当時の電池と液晶素子の厚さを考えるとディスプレイ側に電池を入れることは不可能でした。
*しかし現代のスマホやタブレットの電池と液晶素子はとても薄くなっています。
*現代のストレートスマホやストレートタブレットにはディスプレイの背面に広く薄く電池が搭載されています。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットでは折りたたむ両側に電池を搭載することが必ず可能になると思います。
*そうなった場合は未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて少し厚いだけで電池容量が2倍になります。
*現代のスマホやタブレットを使っているときの悩みの1つは電池の持続時間です。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代の電池の持続時間も解決してくれます。
*現代では折りたたみ液晶は値段がとても高価です。
*しかし未来に折りたたみ液晶の値段は必ず安くなります。
*そうなれば未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットを凌駕しメインストリームになると思っています。
*このHuawei Mate Xのニュースを見て折りたたみ液晶企業を俺は調べました。
*Huaweiは天才企業であると俺は思っています。
*天才は現代に無駄な言葉をたくさん費やしません。
*天才は過去と現代を精密に検証し行動し未来を見通し結果を出すことでたくさんの凡人たちを凌駕します。
*このことをHuaweiに俺はとても期待しています。

深夜テレビ番組「ここDIYしたヤツ天才かよ」を作っているキャストとスタッフが天才な件

深夜テレビ番組「ここDIYしたヤツ天才かよ」を作っているキャストとスタッフが天才な件

2018年12月19日水曜20時12分:文章執筆投稿

深夜テレビ番組「ここDIYしたヤツ天才かよ」を作っているキャストとスタッフは天才だと思います。まず、今人気のDIYとアートを融合したことが素晴らしいです。素晴らしいアイデアも行動しなければ絵に描いた餅です。DIYしてもいい家を見つけて実際にアートな家を作った行動力が素晴らしいです。次にキャストの野性爆弾のくっきーはやっぱり凄いです。くっきーはやっぱりどうかしている人だと思うのですが、芸術を作り出す人はほとんどどうかしている人です。冗談1つ言えない真面目な公務員が素晴らしい芸術を作り出すことは不可能です。芸術好きな芸能人はたくさんいますが、クッキーをキャスティングしたのも素晴らしいと思います。