コスパを重視する俺がスマホを選ぶ際に重視している要素と2021年6月4日現在のおすすめスマホはXiaomi製のRedmi 9T=2021年6月4日

コスパを重視する俺がスマホを選ぶ際に重視している要素と2021年6月4日現在のおすすめスマホはXiaomi製のRedmi 9T=2021年6月4日

コスパを重視する俺がスマホを選ぶ際に重視している要素に順番をつけると
1=RAMとROM
2=バッテリー容量
3=価格
です。
*この記事の結論はこれです

前提条件の1つ目は
1=俺はスマホでゲームをしません
です。
*いわゆるライトユーザーです
*この記事はライトユーザー向けです
*スマホでゲームをするヘビーユーザーはこの記事を読んだりこの記事のYouTubeを見ても役に立ちません

前提条件が自分と違う人の意見を聞いても役に立たないからです。
*たとえば金持ちがとある高級寿司や高級焼肉のお店を貧乏人にオススメしても貧乏人がその店に大金と覚悟を支払うことができなければそのオススメは役に立ちません
*金持ちには金持ちの話が参考になり貧乏人には貧乏人の話が参考になります
*この考えは俺のブログやYouTubeでよく出る考えです
*この考えを理解しておくと俺のブログやYouTubeを理解するのに役立ちます

前提条件の2つ目は
2=節約のために安いスマホを買ってスマホの動作が少し遅くても我慢できる
です。
*「俺の時間は有限だからスマホは動作が遅いと困る」という人はどうぞ大金を支払って性能が高いスマホを買ってください
*「安いけどスマホの動作が遅くてスマホを全然使うことができない」といったスマホを俺は買いません
*安いけどギリギリ使えるレベルのスマホの選び方を俺は下記で紹介します

コスパを追及するので面白いことは安いけどギリギリ使える物を探すことです。
*節約は知恵を使います

次に先に俺が挙げたスマホを選ぶ際に重視している要素について詳しく解説します。

1=RAMとROM
*RAMとROMは少なすぎるとスマホの動作が遅くなったり使いたいアプリをインストールする容量が足りなくなったりします
*反対に多すぎると価格が高くなります
*またスマホの性能を見るためにはCPUは何を使っているかも大事です
*しかしスマホ2つのCPUを見比べてどちらの方が性能が高いかを何の参考文献も読まずに言い当てるのは多くの人には難しいです
*そこでCPUの性能はRAMとROMの量に紐づけられているためRAMとROMの量を見るだけでCPUの性能も考慮できます
*今はRAM4GBとROM64GBが1番コスパが高いです
*これが今は安いけどギリギリ使えるスマホのギリギリラインです
*RAMが2GB以下かROMが32GB以下のスマホは性能が低すぎて今は使えないと俺は思います

2=バッテリー容量
*大容量バッテリーを搭載したスマホは標準サイズのバッテリーを搭載したスマホに比べて使用時間が長くなります
*このため大容量バッテリーを搭載したスマホは1円辺りの使用時間が長くなり1円辺りの時間パフォーマンスも伸びます
*これは価格は同じ1万円で1回の充電で10時間使えるスマホと5時間使えるスマホを考えてみるとすぐに分かります
*今は5000mah以上の大容量バッテリーを搭載したスマホが1番コスパが高いです

3=価格
*スマホは発売されて5年でスペック不足で使えなくなります
*スマホを買うと5年後にはゴミになるので購入価格を抑えたいです
*今は1万円台のスマホが1番コスパが高いです
*この1万円台が安いけど今はギリギリ使えるスマホのギリギリラインです
*1万円未満のスマホは性能が低すぎて今は使えないと俺は思います

2021年6月4日現在で俺がおすすめするスマホはXiaomi製のRedmi 9Tです。

Redmi 9Tは
*RAM4GBとROM64GB
*バッテリーは6000mAh
*価格ドットコム最安値は13,800円
と俺が上記で挙げた条件をすべてクリアしています。
*バッテリーに至ってはRedmi 9Tは6000mAhと俺が挙げた5000mAhという条件を上回るパフォーマンスです
*このスマホはコスパモンスタースマホだと俺は思います
*ライトユーザーで節約のために安いスマホを探している人にはめっちゃオススできます
*「Redmi 9Tをいつ買うのか?」「今でしょ!」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA