ブログ=最近の海外優秀サッカー選手俺なりまとめ=2021年9月16日

*記事投稿年月日=2021年9月12日
*記事更新年月日=2021年9月16日

最近の海外優秀サッカー選手について俺が見聞きしたものを俺の言葉で俺のブログにまとめます。俺が見聞きした情報は散逸しているので情報を1つにまとめます。ウイニングイレブンをやっていたときは海外優秀サッカー選手を能力値まで大体覚えてました。今はウイニングイレブンをやってないのでこのまとめは俺の記憶を補完するものでもあります。

ケビン・デ・ブライネ
*ベルギー出身
*生年月日は1991年6月28日
*マンチェスターシティ所属で背番号は17
*パス精度がずば抜けて高い。アシストを量産。グアルディオラ監督下のマンチェスターシティのゼロトップ戦術ではデ・ブライネはゼロトップトップを担当することが多い。それはゼロトップはゲームメイクすることが多くデ・ブライネはパス精度が高いため
*グラウダーパスとフライパスともにパスしたボールに回転をかけてパス先の味方選手の足元に吸い付くようなパスをよくする
*ボールを持ち過ぎないこととシンプルにプレーすることを好む。これはドリブラーではなくパサーであることが影響している。ドリブラーはボールを長く持ってチャンスを作るがパサーは瞬時にボールをパスすることでチャンスを作るので
*アーリークロスはベッカムのように右から左に曲がるのが特徴。そのため敵ディフェンダーはクリアしづらい。また敵ゴールキーパーからは逃げるようにボールが動くため敵ゴールキーパーもクリアしづらい
*シュート精度は高くシュート力も強い。敵ディフェンダーはデ・ブライネのシュートを防ごうとするとパスを出されパスを防ごうとするとシュートを打たれいつも2択後出しジャンケンをせまられる
*マンチェスターシティのグアルディオラ監督が絶賛「ゲームメイクについてミッドフィルダーで最高の選手の1人。メッシと並ぶ。精神的に落ち着いているのもいい」アラン・シアラーやギャリー・リネカーらもデ・ブライネを絶賛
*俺が観察したマンチェスターシティではデ・ブライネがいると強いがデ・ブライネがいないと弱い。現在のマンチェスターシティでのキーパーソン
*精神的には寡黙で落ち着いていて大人しい
*2014年に地元ベルギーで行われた知的障がい者によるスポーツ大会であるスペシャルオリンピックスの大使に就任した人徳者、当初はスペシャルオリンピックスに注目が集まってなかったがダウン症と障害者スポーツに理解を求めるツイートをした、そのツイートの効果もありスペシャルオリンピックスは超満員になった

フィル・フォーデン
*イングランド出身
*生年月日は2000年5月28日
*ポジションはミッドフィルダー
*マンチェスターシティ所属
*ポジションはミッドフィルダーで背番号は47
*ドリブラー。2020-2021シーズンのドリブル成功率は72%。細身の体を右に左にしならせて細かいボールタッチで抜く。スピードで抜くタイプではない
*課題だったシュート精度も近年上昇。2020-2021シーズン全試合50試合で得点16はミッドフィルダーとして合格点
*アシスト能力も高く2020-2021シーズン全試合でアシスト13と2桁で合格点
*守備意識も高く90分間常にプレスをかけ続けられる
*マンチェスターシティのガルディオラ監督が絶賛「チャンピオンズリーグの決勝トーナメントなどの大舞台に強い。それは過去の失敗をすぐに忘れる能力がズバ抜けているから。過去の失敗をすぐに忘れて次のチャンスで足がすくまずにベストなプレーにチャレンジできる」「信じられない素質を持ち今後10年で信じられないレベルに成長する」「チームのマジシャンはフォーデン」「絶対に放出しない選手はフォーデンだけ。移籍金750億円を積まれてもありえない。フィルこそマンチェスターシティ」「選手としても監督としても自分が見てきた選手の中で最も才能に恵まれている」

マーカス・ラッシュフォード
*イングランド出身
*ポジションはフォワードとウイング
*マンチェスターユナイテッド所属で背番号は10
*足が速い。得点パターンはカウンター時に左右ウイングフォワードの位置から中央に入って前に飛び出してボールを受けてゴール。この得点パターンは現代のサッカー戦術にマッチ
*足元も上手
*フリーキックも得意
*ユーティリティ性が高い。得意ポジションは左ウイングフォワード。しかし右ウイングフォワードもできる。トップフォワードで点を取ることもできる
*シングルマザーに育てられ少年期は常にお腹を空かせていた。そのためイギリス国内でお腹を空かせた子供に食べ物を配る慈善事業をたくさんしている

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA