「今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました」

「今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました」
*執筆完了と投稿SNS=2019年5月31日金曜日午前11時6分
*白物家電の中でここ数十年で一番変化したのは掃除機だと思います。
*なので今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました。
*1位=ダイソン社=Dyson V10 Fluffy SV12 FF=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*2位=マキタ社(工作機器メーカー)=CL107FDSHW=スティック型コードレス紙パック掃除機
*3位=ダイソン社=Dyson V7 Fluffy=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*4位=日立社=パワーブーストサイクロン PV-BFH900=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*5位=ダイソン社=Dyson V8 Fluffy+ SV10FFCOM2=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*6位=シャープ社=RACTIVE Air EC-AR2S=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*7位=ダイソン社=Dyson V11 Fluffy SV14 FF=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*8位=パナソニック社=MC-PK20G=象さん型コード付き紙パック掃除機
*9位=ダイソン社=Dyson V7 Slim SV11 SLM=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*10位=アイロボット社=ルンバ e5 e515060=ロボット自動掃除機
*ランキングを見て最初に分かることは10製品中7製品がスティック型コードレスサイクロン掃除機であり8製品がスティック型コードレス掃除機であることです。
*これは先程の俺のつぶやきでダイソン社とアイロボット社の売上と純利益を調べたときも思ったのですがスティック型コードレスサイクロン掃除機はロボット自動掃除機よりもたくさん売れて利益率が高いです。
*これはロボット掃除機に対応した家や家具がまだ少なくロボット掃除機はスティック型コードレスサイクロン掃除機に比べて研究開発費をたくさん使わなければならないということが考えられます。
*次に2位にマキタ社が入っていますがこれはネットの発達により機械メーカーが持つ独自技術を他の市場が大きな製品に簡単に転用しやすくなったからです。
*このように機械メーカーが他分野の製品作りに参入したりスタートアップが製品作りに新規参入するケースが最近激増しています。
*最後にランキングに載っている日立社とシャープ社とパナソニック社について簡単に分析すると日立社とシャープ社は新製品への対応力を持ちますがパナソニック社は新製品への対応力が皆無です。

「掃除機業界に革命を起こしたDyson社とiRobot社について調べてみました」

「掃除機業界に革命を起こしたDyson社とiRobot社について調べてみました」
*投稿SNS=2019年5月31日金曜日午前7時54分
*Dyson社のサイクロン掃除機とiRobot社のロボット掃除機は掃除機業界に革命を起こしました。
*そこで掃除機業界に革命を起こしたDyson社とiRobot社について調べてみました。
*Dyson社は非上場企業で英国の小都市マルムズベリー に1993年に設立されましたが今年2019年1月に本社をシンガポールに移転する方針を示しました。
*Dyson社は2016年の売上は当時の為替レートで約3800億円で純利益は約980億円です。
*Dyson社の2017年の従業員数は約8500人です。
*iRobot社は1990年にマサチューセッツ工科大学のMIT人工知能研究所で働いていた3人によって設立され2003年までの13年間はずっと赤字でした。
*iRobot社は2002年にロボット掃除機のルンバを発売してようやく黒字化を果たし2005年11月に株式公開し当時の為替レートで約140億円を得ました。
*iRobot社は2019年5月現在はNASDAQに上場していて株式シンボルはIRBTで株価は2009年1月底値の7.6ドルから今日2019年5月30日米国時間の88.76ドルになり約10年で11.7倍になりました。
*iRobot社の2018年の売上は当時の為替レートで約1200億円で純利益は約99億円です。

「Apple PencilとSamsung Galaxy Sペンを製造している工場について調べてみました」

「Apple PencilとSamsung Galaxy Sペンを製造している工場について調べてみました」
*投稿SNS=2019年5月31日金曜日午前6時49分
*スマホやタブレットの業界を引っ張っているAppleやSamsungは最近スタイラスペンに注力しています。
*そこでApple PencilとSamsung Galaxy Sペンを製造している工場について調べてみました。
*Apple Pencilを製造している工場はフォックスコンで日本名は鴻海科技集団=ほんはいかぎしゅうだんで2016年3月にシャープを買収したので日本でも有名な企業ですね。
*Samsung Galaxy Sペンを製造している工場はSamsungが直営していて韓国の亀尾市にあり亀尾市の人口は約39万人です。

「2019年3月発売iPad Airと2018年3月発売iPadを各要素ごとに比較してみました」

「2019年3月発売iPad Airと2018年3月発売iPadを各要素ごとに比較してみました」
*投稿SNS=2019年5月31日金曜日午前6時15分
*まず重さですがiPad Airは464グラムでiPadは478グラムです。
*iPad AirはAirという名前が付いていますが重さは意外にもiPadとほぼ同じです。
*次に画面の広さですがiPad Airが10.5インチでiPadが9.7インチです。
*画面の広さについてもiPad AirとiPadはほぼ同じです。
*次にプロセッサはiPad AirがA12 Bionic Neural EngineでiPadがA10 fusionです。
*A12 Bionic Neural Engineは2019年5月現在でiPhoneの最高グレード機種であるiPhone XS Maxにも搭載されています。
*ベンチマークアプリAnTuTuのスコアはiPad Airの総合スコアが約37万と3Dスコアが約14万でiPadの総合スコアが21万と3Dスコアが8.8万です。
*アプリ処理速度はiPad AirはiPadより約1.7倍速いです。
*次にフロントカメラ=インカメラはiPad Airが7メガピクセルでiPadが1.2メガピクセルです。
*自撮りの画質が高い方が良い人にはiPad AirはiPadより特にオススメです。
*次にバッテリ持続時間はiPad Airが6時間25分でiPadが5時間23分です。
*バッテリ持続時間はiPad AirはiPadより少し長いです。
*まとめるとフロントカメラ=インカメラの画質はiPad AirはiPadに比べてずば抜けています。
*アプリ処理速度はiPad AirはiPadより約1.7倍速いです。
*バッテリ持続時間はiPad AirはiPadより少し長いです。
*画面の広さと重さはiPad AirとiPadはほぼ同じです。

「2019年5月30日現在に広い画面かアプリ処理速度を求める人はiPadとiPad miniとiPad AirとiPad Proのどれを買えば良いかについてお勧めしてみます」

「2019年5月30日現在に広い画面かアプリ処理速度を求める人はiPadとiPad miniとiPad AirとiPad Proのどれを買えば良いかについてお勧めしてみます」
*執筆完了=2019年5月30日木曜日午前7時24分
*投稿SNS=2019年5月30日木曜日午前7時24分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午後4時33分
*広い画面を求める人にはiPad Proをお勧めします。
*画面の広さはiPadが9.7インチでiPad miniが7.9インチでiPad Airが10.5インチでiPad Proが12.9インチです。
*アプリ処理速度を求める人やゲーマーにはiPad miniかiPad AirかiPad Proをお勧めします。
*搭載CPUはiPadがA10 fusionでiPad miniとiPad AirがA12 Bionic Neural EngineでiPad ProがA12X Bionic Neural Engineです。
*Neural Engineは画像や音声を処理する際に優れた人工知能であるニューラルネットワークに最適化された回路です。