J経済解説0006-2000年代(2000-2009)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第6話 – J economy explanation 0006 – explanation about 2000’s Japanese economy short version

J経済解説0006-2000年代(2000-2009)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第6話 – J economy explanation 0006 – explanation about 2000’s Japanese economy short version

2017年12月に国は生活保護基準見直しを30年ぶりに発表し、生活保護世帯の67%が生活保護を減額されると推計された。
In Dec 2017, Japan announced the review of the livelihood protection after the interval of 30 years, It was conjectured that Japan would reduce livelihood protection money of 67% livelihood protection families.

かつて一億総中流と呼ばれた日本が現代に抱える格差と貧困はどういう経緯で抱えるようになったのか。
How way does Japan, which was once called all Japanese were the middle class, hold the gap and the poverty today?

1980年代にバブルを1990年代にバブル崩壊を経験した日本に2000年代は改革の嵐が吹き荒れた。
In 2000’s, storms of reforms blew in Japan, which experienced the bubble in 1980’s and the bubble breakdown in 1990’s.

たくさんの都市銀行は不良債権で苦しんだが、規制緩和である金融ビッグバンによりたくさんの都市銀行が統廃合され3大メガバンクが誕生した。
Many city banks were suffered from many bad debts, but many city banks were scrapped and built, and three Mega banks were born by the financial big bang of the deregulation.

俺解説=たくさんの都市銀行が統廃合されると都市銀行の経営が楽になる理由はある地域に出店する支店の数を減らせるから。
J explanation = The reason why scrapping and building many city banks made many city banks facilitate their managements was reducing branch office numbers in an area.

2001年1月に中央省庁再編が行われた。
In Jan 2001, Japan reorganized central ministries.

中央省庁再編が行われた理由は大蔵省がノーパンしゃぶしゃぶ事件などで銀行や証券との癒着が問題となったから。
The reason of the central ministries reorganization was adhesion problems with Japanese Oukura ministry and Japanese banks and securities, for example no shorts Shabushabu scandal.

俺解説=昔は銀行や証券は大蔵官僚を接待して監督を緩めてもらっていた。
J explanation = Once, Japanese banks and securities attended Japanese Oukura bureaucrats, that is why Japanese Oukura bureaucrats eased supervisions to Japanese banks and securities.

中央省庁再編によって大蔵省は銀行局と証券局が廃止され財務省に改名し、財務省は国の財政だけを担当するようになった。
By the central ministries reorganization, Japan removed the bank bureau and the security bureau from Japanese Oukura ministry, and Japan renamed Japanese Oukura ministry to Japanese finance ministry, and Japanese finance ministry takes charge of Japanese national finance only.

銀行と証券を監督する機関は最終的に金融庁に再編され、金融庁と財務省は組織が分けられた。
Japan reorganized finally bureaus supervising Japanese banks and securities to Japanese Financial Services Agency, and Japan distinguishes organizations of Japanese finance ministry and Japanese Financial Services Agency.

改革ムードの中で小泉純一郎が現れた。
In the reform mood, Koizumi Junnichirou appeared.

小泉内閣の支持率は81%で戦後最高。
The approval rating of Koizumi cabinet was 81%, this was the highest rating after WW2.

シンプルなキャッチフレーズを連呼したり敵と味方を分ける構図作りによって小泉純一郎は劇場型政治を展開し圧倒的な人気を得た。
Koizumi recalled simple catchphrases, and Koizumi distinguished enemies and allies, by these ways Koizumi expanded his politics like theater, that is why Koizumi got the overwhelming popularity.

小泉内閣は聖域なき構造改革に着手した。
Koizumi cabinet started the structure reform without sanctuaries.

2002年に道路公団の民営化に着手して採算の見込みがない高速道路建設を見直した。
In 2002, Koizumi cabinet started the privatization of Japanese public highway corporation, and Koizumi cabinet reconsidered unprofitable highway buildings.

俺解説=田中角栄は政治主導で地方にインフラを整備する土建政治だったが、小泉純一郎はそういうしがらみを取り去る効率政治だった。
J explanation = Kakuei Tanaka administrated the bulding politics making many infrastructures in local areas by politics initiatives, and Junichirou Koizumi administrated efficient politics removing such politics initiatives.

しがらみから効率へは政治だけではなく民間企業でも導入された。
Only not politics, but also private enterprises installed changing from relationships to efficiencies.

成果によって給料や人事を決める成果主義が民間企業で導入され始めた。
Private enterprises started installing the resultism deciding salaries or personnel affairs by results.

これは好業績には高賃金をというそのときのグローバルスタンダードであり、社員間の競争を煽るものでもあった。
This were the time’s global standard “Successful result gives high wages”, and stirred up races among employees.

この頃2000年代前半からコンサルタントが活躍し始める。
From this time early 2000’s, consultants started to be active.

多くの企業が外部の専門家に意見を聞き始めた。
Many enterprises started to hear opinions to outside specialists.

俺解説-コンサルタントは良くないと俺は思う。自分のビジネスについて外部の人に意見を求めるのは良くないと俺は思う。
J explanation – I think consultants are not good. I think hearing opinions to outside people is not good.

2003年に派遣法が改正され製造業に派遣が解禁された。
In 2003, Japan amended Temporary Personnel Business Law, and Japan allowed manufacturing industries employs temporary worker.

これにより正規労働者が減り非正規労働者が約30%にまで増えた。
By this, regular employees reduced, and temporary employees increased to about 30%.

ネットカフェで寝泊まりしながら日雇い派遣で働く若者であるいわゆるネットカフェ難民が話題になったのもこの頃だった。
It was this time that internet cafe refugees of young people, who lived in internet cafes and worked as temporary employees, were popular.

同じ2003年には六本木ヒルズがオープンしITベンチャーがオフィスを構えヒルズ族という言葉も誕生した。
In 2003 amending Temporary Personnel Business Law, Roppongi Hills opened, and IT ventures had the office in Roppongi Hills, and the word of Hills gangs were born.

この頃にはネットの普及で株主の形も変わりデイトレーダーが登場し1日の中での差益を稼いだ。
In this time, Internet changed the shape of shareholders, and Day traders appeared, and Day traders earn spreads in a day.

2000年に大規模小売店舗立地法が成立し地方に大型ショッピングモールが乱立するようになった。
In 2000, Japan established Large-Scale Retail Stores Location Law, and many big shopping malls stood in local areas.

地域は歴史と伝統から切り離され、効率を重視した大型ショッピングモールはたくさんの人々の生活を便利にすると考えられた。
Big shopping malls cut off these areas from histories and traditions, and it seemed that efficient big shopping malls contributed many people life.

日本の平均株価は2003年が底値でそこから上昇し景気も回復した。
In 2003, Japanese average stock price was in the bottom, and Japanese average stock price rose from the bottom, Japanese business recovered.

2005年には大手銀行が抱える不良債権率も低下した。
In 2005, bad debt ratios of big banks declined.

こうした中で世界を見ると中国が目覚ましい活躍を見せた。
In these Japanese actions, we watch the world, and China was greatly active.

この後も中国が2001年に加入したのは何かや、2010年に中国が日本に対してどうなったかが、面白いが続きは有料記事で解説する。
After this, what China joined in 2001, and what China happened to Japan in 2010, and they are very interesting, but I will explain them in my paid entries.

J経済解説0005-1990年代(1990-1999)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第5話
http://jxxgod.tokyo/?p=90

J経済解説0005-1990年代(1990-1999)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第5話 – J economy explanation 0005 – explanation about 1990’s Japanese economy short version

J経済解説0005-1990年代(1990-1999)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第5話 – J economy explanation 0005 – explanation about 1990’s Japanese economy short version

2018年の世界経済フォーラム(ダボス会議)で「仮想通貨は明らかに投機的だ」と世界最大級の金融機関のUBSの会長アクセル・ウェーバーは言いました。
In 2018 World Economic Forum Annual meeting in Davos, UBS, the largest financial institution in the world, president Axel Weber “Virtual currencies are speculative”.

1990年代の日本株の投機の悲劇として「株が上がるからみんなは買う、みんなが買うから株は上がりました」と山一証券の元セールスマンは言いました。
Yamaichi security onetime top salesman said “Everybody bought stocks, because stocks rose. Stocks rose, because everybody bought stocks” as 1990’s Japanese stocks speculation tragedies.

俺解説-1990年代の日本株の投機の具合は2018年の仮想通貨の投機の具合と似ていると、このTV番組は言っていると俺は思います。
J explanation – I think this TV program said 1990’s Japanese speculation are similar with virtual currency speculation in 2018.

1989年の大納会の12月29日に日経平均株価は史上最高値の約39,000円をつけました。
In Dec 29th 1989 Japanese Dainoukai, Japanese stocks index NikkeiHeikinKabuka hit the highest price about 39,000 yen in the history.

年が明けて、1990年の1月3日に日経新聞は「今年のうちに日経平均株価は40,000円に行く」と書きました。
After a few days, in Jan 3rd 1990, Japanese economic newspaper NikkeiShinbun wrote “NikkeiHeikinKabuka will reach to 40,000 yen in this year”.

しかし、1990年の大発会の1月4日に株価は大きく値下がりしました。
But, stock prices declined very massively in Jan 4th 1990, Japanese Daihakkai.

これがバブルの終わりの始まりでした。
This is the beginning of the bubble.

しかし、「株価は下がったが土地価格は下がっていない。株と土地は別だ」という土地神話を1990年のほとんどの人は持っていました。
But, most people in 1990 had the land myth, “Stock prices declined, but land prices didn’t decline. Lands are another with stocks”.

1990年代の日本のバブル崩壊は人類で初めてのバブル崩壊ではありませんでした。
1990’s Japanese bubble breakdown was not the first bubble breakdown to human beings.

人類で初めてのバブル崩壊は1636年のチューリップバブルで、その次の大きなバブル崩壊は1720年のサウスシーバブルです。
The first bubble breakdown to human beings was Tulip bubble in 1636, and the next bubble breakdown of Tulip bubble was South Sea bubble in 1720.

バブル崩壊を繰り返すのは人の愚かさであると野口悠紀雄は言いました。
Noguchi Yukio said that repeating bubble breakdowns is the human idiot.

この頃に金融政策も引き締めに転じました。
In this time, Japanese monetary policy also changed to the restrictiveness.

1989年から1990年にかけて公定歩合の引き上げが行われ、公定歩合は1985年のプラザ合意の前まで引き上げられました。
From 1989 to 1990, Japanese official rate have been raised, and Japanese official rate have been raised until the number of Japanese official rate before 1985 Plaza agreement.

1990年には銀行が不動産融資を規制する不動産融資総量規制が実施されました。
In 1990, the regulation on total emission of financing real estates, banks save financing real estates, were enforced.

土地価格は値下がりを始めました。
Land prices began to decline.

例えば、東京の平均土地価格の1平米メートルの推移は1985年に50万円、1986年に100万円、1987年に200万円、1988-1992年に220万円、1993年に170万円、1994年に120万円、1995年に100万円、1999年に75万円でした。
For example, the change about Tokyo average land price square meter was that the price in 1985 was 500,000 yen and the price in 1986 was 1,000,000 yen and the price in 1987 was 2,000,000 yen and the price in 1988-1992 , 5 years, was 2,200,000 yen and and the price in 1993 was 1,700,000 yen and the price in 1994 was 1,200,000 yen and the price in 1995 was 1,000,000 yen and the price in 1999 was 750,000 yen.

バブル崩壊によって銀行の融資先の経営状況が悪くなり銀行に不良債権が生まれ富士銀行不正融資事件やイトマン事件などの今まで好景気で隠されていたたくさんの金融不祥事が明らかになりました。
By the bubble breakdown, management states of bank loan customers changed to the badness, banks got bad debts, many money scandals, which the prosperity have covered, went out to the world, for example Fuji bank unfairness financing scandal and Itoman scandal and so on… .

バブル崩壊前は銀行の融資先はババ抜きのように物を右から左へ動かすだけで利益が出ていましたが、バブル崩壊でそのビジネスが成り立たなくなり、さらに銀行や銀行の融資先は持っている全ての手札がババになりました。
Before the bubble breakdown, bank loan customers could make many money by moving something from right to left like Old maid card game, but the bubble breakdown broke businesses of bank loan customers, and all cards, whom banks and bank loan customers had, changed to Old maid cards.

1997年に山一證券が自主廃業しました。
In 1997, Yamaichi security closed voluntarily.

山一證券は一部の大口顧客に損失補償をしながら客に株の売買を勧めていてそれは違法行為でした。
Yamaichi security recommended their customers to trade stocks while compensating stock losses of their some big customers, but it was illegal.

この後にも山一證券の元トップセールスマンが話す、当時の証券会社や顧客では誰が誰を接待をしたかや、当時の個人投資家は日経平均はどうなると思っていたかや、当時の証券会社や個人投資家をあるものに例える話とか、が面白いが続きは有料記事で解説します。
After this, Yamaichi security onetime top salesman said that, who attended who in securities or their customers of those days, or individual investors of those days thought how NikkeiHeikin would change, or Yamaichi security onetime top salesman used the metaphor about securities or their customers of those days, these stories are very interesting, but I explain this continuation in my paid entries.

J経済解説0004 – 1980年代(1980-1989)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第4話) – J economy explanation 0004 – explanation about 1980’s Japanese economy short version
http://jxxgod.tokyo/?p=83

J経済解説0006-2000年代(2000-2009)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第6話 – J economy explanation 0006 – explanation about 2000’s Japanese economy short version
http://jxxgod.tokyo/?p=96

J経済解説0004 – 1980年代(1980-1989)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第4話) – J economy explanation 0004 – explanation about 1980’s Japanese economy short version

J経済解説0004-1980年代(1980-1989)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第4話) – J economy explanation 0004 – explanation about 1980’s Japanese economy short version

2017年9月京都祇園にディスコマハラジャが再オープンしました。
In 2017 Sep, Disco Maharaja was reopened in Kyoto Gion.

客はバブルをよく知る40代50代でした。
The customers were forties and fifties, who know about Japanese 1980’s bubble very much.

(バブルの頃は)みんな遊びが凄く派手で、バブルって感じでシャンパンをどんどん下ろしていました。
(In Japanese 1980’s bubble) Everyone enjoyed bigly, and bought many champagnes and showed them like the bubble.

(バブルの頃は)特に不動産屋が羽振りが良く誕生日にスプーンをドンペリで洗ってくれた
(In Japanese 1980’s bubble) Especially real estate agents did fairly well, for example they washed my spoon with Dom Pérignon.

バブルのときはみんな浮かれた空気でした。
In Japanese 1980’s bubble, everyone had the merry atmosphere.

1970年代後半は日本産業は重厚長大から軽薄短小へ移り、輸出を中心に売上を伸ばしました。
In the late 1970’s, Japanese industries moved from Japanese “Juukouchoudai” to Japanese “Keihakutanshou” and got many sells in the main with exports.

俺解説-例えば重厚長大な産業は鉄鋼や造船や石炭で軽薄短小な産業は自動車や家電や半導体です。
J explanation – For example, industries of Japanese “Juukouchoudai” are steels or ship buildings or coals and industries of Japanese “Keihakutanshou” are cars or home electric appliances or semiconductors.

1979年に終身雇用や年功序列を高く評価するジャパンアズナンバーワンという本が全米で出版されました。
In 1979, The book “Japan as No1”, which applauded Japanese lifetime employment and seniority system highly, was released in USA.

1980年に日本製の自動車がアメリカ自動車を抜き世界一になりました。
In 1980, cars made in Japan reached on the top in the world over cars made in USA.

(この番組の司会者で経済学者の)野口悠紀雄はこの頃アメリカの学会によく行っていました。
(Master celemony of this TV program and economist) Yukio Noguchi has often gone to economic science societies in USA then.

アメリカの会議のテーマはなんで日本はこんなに凄いのかでした。
Themes of economic science societies in USA were why Japan were great as many people said.

(アメリカの学会の)主催者がGMの元副社長で、野口悠紀雄を空港まで送ってくれるので、野口悠紀雄はGMキャデラックに乗ったが、エンジンがかからなくて、GM元副社長は日本車ならこんなことはないのになあと落胆しました。
The master celemony (of a economic science society in USA), were the onetime GM vice president, and he sent Yukio Noguchi to the airport, but his car engine didn’t start, and he disappointed and said “my car engine starts if my car is made in Japan”.

アメリカは日本に敵対心を持ち、通産省が補助金を出すなどして日本がズルしてると思っていて、日本の実力だとは思いませんでした。
USA had hostilities to Japan, and USA thought Japan did injusticies for example Japanese Ministry of International Trade and Industry paid subsidies, and USA thought Japanese performances is not Japanese real abilities.

1982年全米自動車で日本車がシェア20%を占めました。
In 1982, cars made in Japan ocuppied 20% share on all USA cars.

1980年にアメリカの自動車会社は主力大型車の売上不振で赤字経営に陥り、二十ニ万人が一時解雇されました。
In 1980, USA car companies dropped to deficit managements by sales decreases of main large cars, and fired 22 thousands employees temporarily.

自動車産業はフォードを代表するようにアメリカの主要産業でした。
USA car industries was USA main industries, for example Ford.

アメリカのプライドは傷つきました。
USA prides were injured.

アメリカ自動車メーカー連盟会長アイアコッカは良き友人はアコギなことをやらないと演説をしました。
USA car association chairman Iacocca speeched “a good friend doesn’t unfairnesses”.

俺解説-アイアコッカの演説は今、トランプが中国に思っているのと同じで、中国は元安だから中国は儲かっているとトランプは思っていると俺は思います。
J explanation – I think Iacocca speech is same to Trump’s thought to China now, and Trump think China is making many money because of Yuan weak.

全米自動車労働組合は日本車をボイコットしました。
All USA car union boycotted Japanese cars.

日米貿易摩擦は政治問題になりました。
The Japan USA trade friction changed to the political issue.

当時の日本経済を象徴するかのように打って打って打ちまくる日本プロ野球チームの阪神が初の日本一を獲得した1985年にニューヨークプラザホテルでプラザ合意が行われました。
In 1985, when Japanese professional baseball team Japanese Hanshin hit very much like symbolizing Japanese economy of that time and won their first championship, Plaza agreement was promised in NY Plaza hotel.

アメリカがドル安誘導でG5国と合意し、日本の輸出業は円高で打撃を受けました。
USA agreed to G5 countries with inducing Dollar weak, and Japanese export industries was hit by Yen strong.

1ドル240円だったドル円が急速に円高になりました。
Dollar Yen, then 1 dollar 240 Yen, rapidly went to Yen strong.

日本は特に中小企業は円高不況になりました。
Japan, especially small medium enterprises, went to the Yen strong recession.

円高不況を克服するために日銀は未曾有の金融緩和を行いました。
Bank of Japan eased monetary to repair the Yen strong recession without precedent.

東京の地価は78%上昇しました。
Tokyo land prices raised 78%.

これがバブルの始まりでした。
This is the beginning of the bubble.

世は民営化ブームで電電公社が1988年に上場してNTTの公開価格120万円に対して初値は160万円をつけました。
In Japan then, privatizations are popular, and Japanese Dendenkousha listed to the market in 1988, the NTT hit the first price 1.6 millions Yen in comparison to the open price 1.2 millions Yen.

サラリーマンや主婦にもこれまでにない株ブームが起きました。
Stocks became very popular in also salaried workers or housewives without precedent.

1988年に日経平均株価は初の三万円をつけました。
In 1988, Japanese NikkeiHeikinKabuka, a Japanese stock index, hit 30,000 Yen for the first time.

ゴルフ場開発ブームに乗り高騰したゴルフ会員権も投機対象になりました。
Golf club memberships prices raised by developing golf clubs, and golf club memberships were become speculated.

海外の一流美術品オークションにたくさんの日本人ビジネスマンが行きました。
Many Japanese businessmen went to first class art objects oversea auctions.

「お金が価値のあるものを本能的に察知して流れています。価値があれば株も土地も美術品もゴルフ会員権も同じです」と日本の美術商は言いました。
A Japanese art dealer said “Many money are searching values instinctly and moving to them. Stocks or real estates or art objects or golf club memberships are same, if they have values”.

ニューヨークのロックフェラービルやアメリカの一流企業を日本が買収しました。
Japan bought NY Rockefeller building or USA first classe companies.

一般人の間でも海外不動産買収がブームになりました。(不動産屋の案内)「この部屋は日本人のOLがキャッシュで購入した一千万円の海外不動産です」Among Japanese normal people, buying oversea real estates became popular, (a guide by a real
estate agent) “This room is the oversea real estate whom a Japanese office lady bought by cashes”.

J経済解説0003 – 1970年代(1970-1979)の日本経済について短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第3話
http://jxxgod.tokyo/?p=50

J経済解説0005-1990年代(1990-1999)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第5話
http://jxxgod.tokyo/?p=90

Jオススメアイテム0001 – ゲーミングマウスの俺オススメを日本語と英語で解説 – J – RecommendItem0001 – my recommend gaming mouse by Japanese and English

  • Jオススメアイテム0001 – ゲーミングマウスの俺オススメを日本語と英語で解説
  • J – RecommendItem0001 – my recommend gaming mouse by Japanese and English

 

  • ゲーミングマウスについてかなり調べたので、ゲーミングマウスで大事だと俺が思う点や、俺オススメのゲーミングマウスを日本語と英語で解説します。
  • I researched gaming mouse very much, I explain my thought of important points about gaming mouse and my recommend gaming mouse by Japanese and English.

 

  • 1 – ゲーミングマウスで大事だと俺が思う点
  • 1 – My thought of important points about gaming mouse

 

  • ゲーミングマウスで大事な点は重さ(ゲームにはちょっと重い方がいい)と解像度(dpi)とボタン耐久度と価格だと俺は思います。
  • I think important points about gaming mouse are weight(a little heavy mouse to game is good), resolution (dpi), button durability and price.
  • まず重さについてですが、ゲームにはマウスはちょっと重い方がいいみたいです。
  • First about weight, a little heavy mouse to game is good.

 

  • なぜなら、ゲームでは敵をしっかり狙わないといけないので、ちょっと重いマウスは画面のポインターをしっかりと止めるからです。
  • Because in game we must aim enemies tightly, a little heavy mouse stop display pointer tightly.

 

  • 次に解像度(dpi)についてですが、マウスの解像度とはマウスの移動量によってどれぐらい画面のポインターが動くかです。
  • Next about resolution (dpi), mouse resolution is how long display pointer move by mouse movement amount.

 

  • マウスの解像度は低ければ細かく敵を狙えて、高ければマウスを少し動かすだけで画面のポインターが大きく動きます。
  • Low mouse resolution makes us possible to aim enemies minutely, high mouse resolution makes us possible to move display pointer longly by short mouse movement.

 

  • ゲーミングマウスのほとんどは解像度が高いことを宣伝していますが、俺はゲーミングマウスの解像度で大事な点は低いことだと思います。
  • Most gaming mouse advertise their solution is high, I think important point of gaming mouse solution is low.

 

  • なぜならゲームのほとんどは敵を狙うのでゲーミングマウスの解像度は低いほうが敵を細かく狙えるからです。
  • Because in most games we aim enemies, Low mouse resolution makes us possible to aim enemies minutely.

 

  • 次にボタン耐久度ですが、俺は普通のマウスをゲームで多用して右ボタンが効かなくなりそのマウスを壊しました。
  • Next about button durability, I used a normal mouse in games very much and its right button was unavailable and I broke it.

 

  • ゲームをするなら普通のマウスよりゲーミングマウスがオススメです。
  • If you play games, I recommend you gaming mouses.

 

  • ほとんどのゲーミングマウスはボタン耐久度があることを宣伝しています。
  • Most gaming mouses advertises they has button durability.

 

  • しかし、本当にそのマウスがボタン耐久度を持っているかどうかは実際に使ってみるまでは分かりません。
  • But we don’t know whether a mouse really has button durability before we really use it.

 

  • ですので、ゲーミングマウスを買うときは高評価を積んでいる商品がオススメです。
  • That is why I recommend gaming mouse which has many good reviews.

 

  • 最後に価格についてですが、大金を出せばいくらでも高性能なゲーミングマウスを買うことができます。
  • Last about price, if we pay many money, we can buy many good gaming mouses.

 

  • 高性能なゲーミングマウスをいかに安く買うかが俺は大事だと思っています。
  • I think how cheap we buy good gaming mouse is important.

 

  • 2 – 俺オススメゲーミングマウス
  • 2 – my recommend gaming mouse

 

  • 以上の重さと解像度とボタン耐久度と価格の4点を考えると、俺がオススメするゲーミングマウスはeasySMXのV18です。
  • From 4 point – weight, solution, button durability and price, I recommend easysmx V18 gaming mouse.

 

  • まず重さですが、V18は重りを乗せてマウス重量を調整することが可能です。
  • First about weight, we can adjust V18 weight by adding weight units.

 

  • V18に重りを乗せてV18を重くすれば、V18は俺達のエイムをしっかりと止めると俺は思います。
  • If we add V18 weight units and we make V18 heavy, V18 stops our aims tightly.

 

  • 次に解像度ですが、V18は解像度を400dpiから4000dpiまで8段階で設定可能です。
  • Next about solution, we can adjust V18 solution from 400dpi to 4000dpi by 8 steps.

 

  • 解像度400dpiは他のほとんどのゲーミングマウスと比べてかなり低いです。
  • Solution 400dpi is much lower than other most gaming mouses.

 

  • 低価格ゲーミングマウスで解像度がここまで低いゲーミングマウスはeasysmxとロジクールぐらいです。
  • In low price gaming mouses, such low solution gaming mouses are only easysmx and logicool.

 

  • 解像度が低いゲーミングマウスは敵を細かく狙えます。
  • Low solution gaming mouses makes us possible to aim enemies minutely.

 

  • 次にボタン耐久度ですが、V18のボタンは300万回の押し下げに耐えられると日本のアマゾンの商品ページで宣伝しています。
  • Next about button durability, V18 Japanese Amazon item page advertises V18 button can push over 3 million times.

 

  • V18は重りを乗せられたり解像度が低かったりとセンスが良いので、ボタン耐久度についても信頼して良さそうです。
  • Because V18 has good sences for example adding weight units or low solution, we can trust V18 button durability.

 

  • また、V18は18ヶ月(1年半)の保証期間があるので、早くV18が壊れても安心です。
  • And we are safe if V18 early broke, because V18 has 18 months warranty.

 

  • 最後に価格ですがV18は2018年5月現在で日本のアマゾンで消費税込み1380円で売られています。
  • Last about price, V18 is sold by 1380yen included consumption tax in Japanese Amazon on 2018 May.

 

  • V18は上記の様に超高性能ですが超低価格です。
  • V18 is super high quality and super low price as stated above.

J-オツモム0001-登場人物全員バカ

J-オツモム0001-登場人物全員バカ

どーも、こんちは、Jです。

面白い舞台設定を作ってpubgやフォートナイトなどのゲーム動画を作ると面白いかもと思いました。

というわけで、オツモムさんという55歳のしがない男性会社員がゲームの世界に放り込まれるという設定を作ってみました。

次のような感じでPubgやフォートナイトの実況動画や実況配信をしようと思っています。

しかし、動画作りや配信作りでちょっと悩んでいます。

良かったらコメントでアドバイスをお願いします。

特に聞きたいのは以下のことです。

*セリフを読むのは俺と棒読みちゃんだったらどっちがいいでしょうか?

*セリフの字幕はあるのとないのではどっちがいいでしょうか?

ちなみにセリフは俺のブログで見れます。

http://jxxgod.tokyo/?p=68

それでは御覧ください!。

オツモム(私の名前は乙敗もむお。55歳のゴーゴー世代)

J解説(ゴーゴー世代という世代はありませんけどねー)

オツモム(しがない会社員。同僚からはキムタクみたいにオツモムと呼ばれてる。今は仕事中だけど酒を飲みながら会社のパソコンでツイッターしたりエロサイトを見たりと忙しい日々を送っている)

J解説(忙しい会社員生活を送ってますね)

オツモム(おっと、フグ田部長が来た。パソコンのツイッターとエロサイトを隠さないと)

フグ田部長「オツモムくん、ちょっと私の部屋に来て」

オツモム(なんの用だろう。詳しい理由は言えないけど、前かがみで部長の部屋に行こう)

J解説(詳しい理由は言えませんが、オツモムさんはエロサイトを見すぎたようですね)

フグ田部長「君、仕事中に酒を飲んで会社のパソコンでツイッターしたりエロサイトを見てるよね」

J解説(バレちゃってますね)

オツモム「酒を飲んでいるのは日本の酒造メーカーを調査しツイッターとエロサイトは日本の現在の情報とピンク情報の調査ですけど!(どや、決まった)」

J解説(逆ギレの見本ですね)

フグ田部長「呆れた言い訳だな。まあ、いいや、証拠は上がってるんだ。1+1=2じゃねーぞ200%首だ、200%首!10倍だぞ10倍!」

J解説(ここは以前に活躍した新日レスラーの天山へのリスペクトですね)

フグ田部長「でも、かわいそうだから、そんな君にチャンスを与えよう。君は銃器の扱いは得意か?」

オツモム「私の夜のマグナムの威力は凄いです!」

フグ田部長「ちょっと何を言ってるか分からないんだけども」

J解説(ここは漫才コンビのサンドウィッチマンへのリスペクトですね)

フグ田部長「これから君に殺し合いをしてもらいます」

J解説(ここは映画バトルロワイヤルでビートたけしが言ったセリフへのリスペクトですね)

フグ田部長「これ、ニヤケ島までの飛行機のキップね、何回でも使えるから」

J解説(島民全員がにやけている島への飛行機のキップを手渡しましたね。Pubgやフォートナイトで生き返ると何回も飛行機に乗るんですけど、何回も使える飛行機のキップを持っているという設定にしてみました)

フグ田部長「我が社の分析では今から5年後に世界は平和な時代から戦争の時代になる。来たるべき戦争の時代に向けて我が社でも戦いが上手い社員を確保しておきたいんだ。そこで一番お荷物な君に白羽の矢が立ったんだ。これ我が社が開発した死んでも何回も生き返る薬だから。今、飲んで」

J解説(この薬を売れば会社は凄く儲かるのにフグ田部長は気づいてないみたいなので、オツモムさんもフグ田部長もバカですね。このことから第一話のタイトルが名付けられました)

オツモム「ゴクリ、飲みました」

フグ田部長「任務は簡単だ。ニヤケ島では世界各地から集まったダメ社員が毎日殺し合いを行っている」

J解説(Pubgやフォートナイトで戦っているたくさんの人は世界各地から送り込まれたダメ社員という設定にしてみました)

フグ田部長「君にはそのニヤケ島で戦闘の腕を磨いてもらいたい。当面の目標は参加者百人の一回の戦闘で最後の生き残りとなるドンカツか一回の戦闘で他のダメ社員7人を倒す7キルを目指してもらおう」

J解説(このオツモムシリーズは長く続けたいのでハードルを上げてみました)

オツモム「分かりました。このオツモム、必ずや成果を上げましょう」

J解説(ここは三国志やキングダムへのリスペクトですね)

オツモム「ジークジオン!」

フグ田部長「ジークジオン!」

J解説(オツモムさんやフグ田部長が所属しているのはジオン軍なのかという雰囲気を醸し出してみました)