ビル・ゲイツや孫正義が出資しているBreakthrough Energy Venturesというベンチャーキャピタルが公式サイトで公開している出資ベンチャー10社がどういう会社かを簡単に解説してみます。

ビル・ゲイツや孫正義が出資しているBreakthrough Energy Venturesというベンチャーキャピタルが公式サイトで公開している出資ベンチャー10社がどういう会社かを簡単に解説してみます。

投稿:2019年2月3日日曜
更新:2019年2月4日月曜

目次
1-ビル・ゲイツや孫正義が出資しているBreakthrough Energy Venturesというベンチャーキャピタルが公式サイトで公開している出資ベンチャー10社がどういう会社かを簡単に解説してみます。
2-BEV出資ベンチャー10社を見てこれから大切になりそうな最新技術のキーワードを書いてみます。

1-ビル・ゲイツや孫正義が出資しているBreakthrough Energy Venturesというベンチャーキャピタルが公式サイトで公開している出資ベンチャー10社がどういう会社かを簡単に解説してみます。

参考文献:Breakthrough Energy Ventures公式サイト=BEVが投資しているベンチャー企業たち=http://www.b-t.energy/ventures/our-investment-portfolio

BEV出資ベンチャー解説1番目=ZERO MASS water社。解説2文=家の上に太陽光パネルを置いて太陽光で水道水を蒸留させその蒸留水を清潔な飲み水として提供、従来の逆浸透膜法だと清潔な飲み水を手に入れるために水道水の一部を捨てないといけないが太陽光蒸留法だと全ての水道水を飲み水にできる。

BEV出資ベンチャー解説2番目=Quidnet Energy社。解説2文=蓄電するときは貯水池に貯めた水に圧力をかけ放電するときは水の圧力を抜き排水される水の凄いを利用して水力発電タービンを回す蓄電放電ベンチャー、水力蓄電は通常は水力発電タービンより高所にダムを建設するがQuidnetは圧力を使うためダム建設が不要。

BEV出資ベンチャー解説3番目=QuantumScape社。解説2文=充電時間が数分で完了し充電容量は現在主流のリチウムイオン電池よりも2倍から3倍と言われている全固体電池を研究開発するベンチャー。全固体電池はそろそろ製品化できそうなところやその性能が今までの産業を根底から覆す力は青色発光ダイオードに超似ている。

BEV出資ベンチャー解説4番目=PIVOT BIO社。解説2文=合成窒素肥料は世界の食料の半分の生産に貢献しているが生物が住めない死海を作ることや大気中の二酸化炭素を増やすことにも関与している、合成窒素肥料の代わりに農家に土中の窒素を増やす微生物を提供。

BEV出資ベンチャー解説5番目=MALTA社。解説2文=太陽光発電と風力発電の間欠性を問題視し蓄電放電を研究開発するベンチャー。蓄電時は塩を電気で溶かし液体窒素を電気で冷やし熱冷として蓄電し放電時は熱い溶塩が水を沸騰させその蒸気が発電タービンを回し冷たい液体窒素が蒸気を冷却させ水に戻す。

BEV出資ベンチャー解説6番目=FORM ENERGY社。解説2文=MALTA社と同様に太陽光と風力の発電の間欠性を問題視していて4時間蓄電できる現在のリチウムイオン電池では不十分なので新蓄電方法を研究開発するベンチャー、蓄電に使えるかどうか試料を消去法で消していて水性硫黄を蓄電に使うらしい。

BEV出資ベンチャー解説7番目=FERVO ENERGY社。解説2文=100%再生可能なエネルギーの未来を実現するための実行可能な基礎としての地熱発電を所有し開発し運営することによって所有技術を商業化しているベンチャー、一言で言うと地熱発電を研究開発しているベンチャー。

BEV出資ベンチャー解説8番目=Dynamic Metabolic Control Biotechnologies社。解説2文=欲しい生物資源を育ててすぐ得る技術を研究するバイオベンチャー、その技術は欲しい生物資源から遺伝子を取り出し伝令RNAを取り出し酵素を作り酵素が欲しくない成分を溶かして欲しくない成分が育つのを待たない。

BEV出資ベンチャー解説9番目=Commonwealth Fusion System社。解説2文=高温核融合炉を実現するのに最も有効な方式であるトカマク型をより小さくし核融合システムをより安くより速くするような研究をしているベンチャー、その方法は希少物質のバリウム銅酸化物を超伝導帯に投入するというものである。

BEV出資ベンチャー解説10番目=CarbonCure社。解説2文=現代にはコンクリート製のビルや道路が多数あるがコンクリートを作ると二酸化炭素を多数排出する、CarbonCureはコンクリートを作る際に二酸化炭素をコンクリートに注入し大気中の二酸化炭素を減らし更にコンクリートの強度も上げる技術を開発。

2-BEV出資ベンチャー10社を見てこれから大切になりそうな最新技術のキーワードを書いてみます。

BEV出資ベンチャー10社を見てこれから大切になりそうな最新技術のキーワードを書いてみます=二酸化炭素削減、核融合、生物資源、再生可能エネルギー、太陽光と風力の発電の間欠性、現在のリチウムイオン電池は不十分、脱合成窒素肥料、全固体電池、清潔な飲み水、逆浸透膜法は水道水一部を捨ててる。

最新技術を調べる上で「その最新技術はどのような技術か」を調べることも大事ですが「現代の問題は何か」と「その最新技術は現代をどのように改善するか」の方が大事だと思います。なぜなら「現代の問題を解決しなかったり」「現代を改善しない」「最新技術」は意味が全くないからです。例えばBEV出資ベンチャーを見てこれから大切になりそうな最新技術のキーワードで「太陽光と風力の発電の間欠性」を俺は書きましたが「太陽光と風力の発電の間欠性」を解決するForm ENERGY社の水性硫黄を使う蓄電技術やMALTA社の溶塩冷液体窒素蓄電技術についてはキーワードとして書きませんでした。これは「太陽光と風力の発電の間欠性」を解決するFORM ENERGY社とMALTA社の「最新技術」も大事ですが「太陽光と風力の発電の間欠性」という「現代の問題」の方がもっと大事だからです。大事なことなので繰り返し言いますが「現代の問題を解決しなかったり」「現代を改善しない」「最新技術」は意味が全くありません。

ビル・ゲイツやジェフ・ベゾスや孫正義やマーク・ザッカーバーグやジャック・マーが出資しているベンチャーキャピタルBreakthrough Energy Ventures銘柄ラスト10番目のZERO MASS waterがどんなサービスを提供しているかをZERO MASS waterの公式サイトで調べてみました。

投稿 : 2019年1月31日木曜

ビル・ゲイツやジェフ・ベゾスや孫正義やマーク・ザッカーバーグやジャック・マーが出資しているベンチャーキャピタルBreakthrough Energy Ventures銘柄ラスト10番目のZERO MASS waterがどんなサービスを提供しているかをZERO MASS waterの公式サイトで調べてみました。
参考文献 : https://www.zeromasswater.com

太陽光パネルを家の屋根に置いて太陽光と空気を使って一般家庭に清潔な飲み水を提供しているみたいです。太陽光パネルを使って水道水を蒸発させその蒸留水を清潔な飲み水として提供しているみたいです。ZERO MASS waterのサービスを使えば清潔な水を飲むためにペットボトルのゴミが出ないしフィルターでろ過された水を飲まなくても大丈夫です。ZERO MASS waterのサービスであるSOURCEを使えば10年間で7万本のペットボトルを節約でき水道水を一滴も無駄にしません。清潔な水を飲む方法で有名なRO filter(逆浸透膜フィルター)は飲み水1ガロン(=約3.79リットル)を作るために3ガロンか4ガロンを捨てなければならないがZERO MASS waterのSOURCEを使えば一滴の水道水も無駄にしません。太陽が当たる所ならどこでもZERO MASS waterのSOURCEを利用できます。SOURCEは水道水を清潔にするだけではなく健康と味覚を最適化する正しいミネラルも加えます。これらの電解質はSOURCEの水を美味しくします。SOURCEの家庭システムはZERO MASS waterのネットワークに繋がっています。利用者は自分が飲む水が作られる所や水の成分値をリアルタイムで見ることができます。

蓄電米国ベンチャー企業のQuidnet Energyがどのように蓄電してどのように放電するかを調べてみた。

蓄電米国ベンチャー企業のQuidnet Energyがどのように蓄電してどのように放電するかを調べてみた。

投稿 : 2019年1月30日水曜

蓄電米国ベンチャー企業のQuidnet Energyがどのように蓄電してどのように放電するかを調べてみた。

参考文献 : 英国新聞the guardian電子版記事 ”A Texas startup’s big energy idea: storing electricity underground” = https://amp.theguardian.com/sustainable-business/2016/aug/25/electricity-storage-underground-quidnet-energy

記事題=テキサスのベンチャー企業であるQuidnet Energyのエネルギーについての大きな考え:電気を地下に貯める。

豊富にある油田やガス田を使ってエネルギーを地下金庫に貯めることによって太陽光発電と風力発電をQuidnet Energyはもっと使いやすくしたい。(太陽光発電と風力発電は発電量に時間的にムラがあるので太陽光と風力で発電した電気を貯めることができたらいいよねというのがQuidnet Energyの考え)。テキサス中央の荒野で以前の油田とガス田を生き返らせるようにAaron Mandellと彼の社員は汲み上げ装置を動かしている。(Aaron MandellはQuidnet EnergyのCEO)。しかし黒い純金である原油を彼らは抽出しようとしているわけではない。豊富にある油田とガス田を電気を貯める地下金庫に変えるような方法を代わりに彼らは開発している。(vaultは銀行が持っているような大きな地下金庫という意味でvaultは先週に行われたセンター試験銀行科目でも出題された銀行科目最頻出解答なので高校2年生と高校1年生は覚えておくこと。冗談)。Mandellのベンチャー企業であるQuidnet Energyが持つ概念は簡単なように聞こえる。:以前から化石燃料を抱えているような岩盤と岩盤の間の中にある裂け目たちを埋めるような汲み上げられた水が地球の奥深くにはある。(しかしQuidnet Energyの技術概念は簡単ではないよねと翻訳者は編集者に新橋の立ち飲み屋でワンカップを煽りながら愚痴った)。その圧力を受けた水が開放されたときその水は湧き出す泉のように振る舞い地上にある水力発電タービンを素早く回して電気を得る。(the pressurized waterのtheはpumping waterを指すのでpumping waterは人為的に汲み出された水ではなく周りの岩盤の圧力を受けて汲み出された水という意味である)。Quidnet Energyの共同創業者で社長であるMandellは電気の価格と需要が低いときに電気を貯め電気の価格と需要が高いときに電気を開放するような電池や他の技術を使う新興市場の中で成長しているたくさんの起業家の1人です。(この文からQuidnet Energyが利益を上げる背景が分かる)。GTM Researchよると2014年の65メガワットから加えられて2015年には221メガワットのエネルギー貯蔵計画をアメリカ市場は導入した。(GTM Researchとは恐らく再生可能エネルギーに関する素晴らしいブログメディアであるGreenTechMediaのことである。GreenTechMediaについてはフォルクスワーゲンが全固体電池を研究開発するQuantumScape社に2018年に約1億円を出資したというGreenTechMediaの英文記事をワイは以前に全文和訳した)。2019年には1年間の導入実績が毎年1ギガワットを超えるとその市場調査機関であるGreenTechMediaは期待している。(この文から分かる通り蓄電は2019年の今の電力市場で最も熱い話題の1つである。The market research firmのTheは前文のGTM Researchを指す。メガワットの参考値について。東京電力が2017年に供給した電力は5万3000メガワットである。ゆえに65メガワットは東京電力が1年間で供給する電力の0.45日分であり221メガワットは1.5日分であり1ギガワットは6.9日分=約1週間分である)。屋根の上の太陽光発電パネルから風力発電タービンが回る土地があるようなアメリカ中で作られる太陽光と風力による発電量が増えているのが主な理由で蓄電市場は速く成長している。(the countryのtheは前の前の文のUSを指すのでthe countryをアメリカと訳した。英語はtheやitなどの指示語をたくさん使い英語を話す人はそれに慣れている。しかし日本人は指示語に慣れていないので英文和訳するときは英語の指示語を具体的に翻訳するととても分かりやすい日本語になる。ってウィッキーさんの生霊が取り憑いたイタコが言ってた。直前のの文は冗談)。後で使うために太陽光と風力で発電した電気を貯めることはこれら2種類の二酸化炭素低排出エネルギーの大きな不利を回避する。どんな大きな不利かと言うと: 電気の需要は変動するので電気が必要とされたときにいつでも太陽光と風力の発電は電気を常に作ることはできないということである。(文頭のコロンは前文のa big disadvantageを具体的に説明するという意味なので翻訳の最初にどんな大きな不利かと言うととすると良い。全固体電池を研究開発しているQuantumScapeについて調べているときにも出てきたけど太陽光と風力の発電量は時間的にムラがあるというのは最新技術に興味を持つ上で必ず知っておかないといけない情報である。なぜなら欠陥がある技術は新しい技術を産む因果であるからである)。電気の需要が変化するというのはどういうことかと言うと電気の需要がピークを迎えるのは人々が家に帰り家電製品のスイッチを入れたりする夕方の早い時間だったりエアコンを多用するような暑い夏の数カ月だったりするということである。(reaching a peakは動名詞句でdemand fluctuatesを説明しているので翻訳するときは最初にdemand fluctuatesを翻訳するととても分かりやすい日本語になる)。もっと再生可能な電力に関するアメリカの州達の公益事業体達は蓄電サービスや蓄電システムを自分達で作ることにお金を支払っている。(再生可能電力を生産している事業社達は蓄電に今取り組まなければ他の事業社達に出し抜かれるということである)。カリフォルニア州にあるSan Diego Gas and Electric社のために2つの巨大なリチウムイオン電池を作る予定であるとAES Energy Storage社はちょうど1週間前に言った。この施設建設の影響でカリフォルニア州は米国で最大の太陽光発電施設を持つ州となった。(, whichは関係代名詞主格で直前のCaliforniaを先行詞としているがカリフォルニア州が米国で最大の太陽光発電施設を持つ州となったのはAES Energy Storageが建設予定である太陽光発電施設の影響が大きいので翻訳にはその意味を込めた)。「今日私達が持っているシェアよりずっと大きなシェアを私達は得ることで電力市場を貫いて押さえるような太陽光と風力発電を使えるようにすることが私達の目標です」とMandellは言った。(allowの意味は許すでpenetrateの意味は貫通するだがこの意味のまま翻訳すると変な日本語になるので文脈に沿ってallowとpenetrateを意訳した。またmuch larger percentagesは意味上の目的語で意味上の主語と動詞は後続のwe haveであるのでmuch larger percentagesを訳すときは意味上の主語と動詞であるwe haveを翻訳に含めた)。100万ドルを超える合計金額をもたらすベンチャーキャピタルの出資をQuidnetは最近募集した。(lined up a new round of venture capitalとthe total amount they have raisedは英語的な言い回しなのでそのまま和訳すると変な日本語になるので翻訳は文脈に沿った分かりやすい日本語にした)。環境に優しい電力に投資するグループから研究開発する元手となる資金である50万ドルをQuidnetは以前に集めていた。(The companyはQuidnetを指すので翻訳は The companyをQuidnetと訳す方が翻訳読者は分かりやすい。英語原文を読むよりも翻訳文を読む方が分かりやすいというのがいい翻訳である)。発電会社と公共事業体と産業会社のための蓄電計画を建て運営することをQuidnet Energyは計画している。電気の値段が安いときにダムから上流の貯水池に水をポンプが汲み上げるような広く使われていてより安い蓄電システムにQuidnet Energyの技術は似ている。電気の値段がより高値の間は貯水池に汲み上げられた水は水力発電タービンを回して発電するために下流のダムに排水される。(これは貯水池に汲み上げられた水が持つ位置エネルギーを水が下流のダムに排水されるときに水力発電タービンを回し電気エネルギーに変えるということである)。位置的に上の地上にある貯水池の代わりにQuidnet Energyは水を地下に貯める。(Quidnet Energyは電気エネルギーを水の位置エネルギーに変換して蓄電するが水を地下に貯めるのが興味深い。なぜなら水は今いる位置から低い所に行くと今水がいる位置から位置エネルギーを貯めるどころか失うからである。例えばダムを使った水力発電は位置的に高いダムに蓄えられた水を下方に一気に流すことでタービンを回し発電する。このように水力発電するためにはタービンより位置的に高い位置に貯水するのが一般的だがQuidnet Energyは貯水池を地下に作るのが興味深い)。Quidnet Energyの概念を実証するためにテキサス州のイーラス郡でここ一年で試験計画をQuidnet Energyは始めた。(イーラス郡には北アメリカで最大の再生天然ガスのプラントが2つある)。5万ガロンの水を蓄えられるだろう貯水池に2800フィートの深さがある使い終わった天然ガス田をMandellと彼の共同創業者で石油企業のSaudi Aramcoの技術者であるHoward Schmidtは使った。(5万ガロンは25メートルプール約半分。2800フィートは約853メートル。廃ガス田を活用するのも素晴らしい)。12時間かけて廃ガス田にポンプで水を汲み入れた後にQuidnet Energyの技術は6時間かけて発電できたことをその計画は示した。Quidnet Energyの考えはかなり変わっているのでQuidnet Energyが大きな規模で蓄電システムを上手く運営できるようになるためにはいくつかの技術的な挑戦に打ち勝つことをQuidnet Energyはまだ必要としている。「理論的にはこの考えは役に立つだろう」とMark Jacobsonは言った、Mark Jacobsonはスタンフォード大学で市民生活と環境工学の教授をしておりスタンフォード大学の大気と電力の履修過程を担当している。「貯水池が漏れない限り長くそしてもし漏れ出たとしたもその流出はコントロール可能で十分に速く対応できる限り長くQuidnet Energyの技術は機能するはずである」。圧力を受けた水が漏れ出すことを防ぐために良く密閉された地下の貯水池を選ぶことはQuidnet Energyの最大の心配の1つである。予想よりも漏れ出す水はかなり少なかったことを試験計画は記録したとQuidnet EnergyのCEOのMandellは言った。:どれくらい漏れ出したかというと1日につきではなく1週間につき1%が漏れ出す程度だった。(翻訳した以降のこの記事を全て流し読みした。これ以降の話は地熱発電で使い終わった縦穴を第二の試験計画に利用したりQuidnetの将来の展望や蓄電システムで重視すべき数値だった。俺が知りたいQuidnetはどのように蓄電しているかについての新しい情報はないためこれ以降の翻訳を割愛する。Quidnetはどのように蓄電するかについてこれまで集めたたくさんの情報から類推する。Quidnetは地下に丈夫な貯水タンクを作る。蓄電するときは油圧ピストンみたいなものを使って貯水池に貯めた水に圧力をかける。電気を引き出すときは油圧ピストンの圧力を抜くと水は激しく排出されるのでその水の流れを利用してタービンを回し発電する。Quidnetのこの方法で一番大事なのは貯水タンクの丈夫さだと思う。Quidnetに投資する前は従来の揚水水力発電と詳しくコスパやリスク等を俺は比較する)。

固形電池を研究開発するベンチャーであるQuantumScapeについて下記4つのように調べてみた。

固形電池を研究開発するベンチャーであるQuantumScapeについて下記4つのように調べてみた。

目次
1-再生可能エネルギーを取り扱う良いメディアサイトであるGreenTechMediaが固形電池を研究開発するQuantumScapeについて良い英文記事を書いていたので翻訳してみた。
2-QuantumScapeの創業者でCEOのJagdeep Singhを調べてみた。
3-QuantumScapeを創立する前にQuantumScapeのCEOのJagdeep Singhが創立したLightera and Infineraについて調べてみた。
4-QuantumScapeと同じく将来有望なユニコーン企業と評されたTheranosについて調べてみた。

1-再生可能エネルギーを取り扱う良いメディアサイトであるGreenTechMediaが固形電池を研究開発するQuantumScapeについて良い英文記事を書いていたので翻訳してみた。

再生可能エネルギーを取り扱う良いメディアサイトであるGreenTechMediaが固形電池を研究開発するQuantumScapeについて良い英文記事を書いていたので翻訳してみた。
英文記事については下記のGreenTechMediaのURLを参照。
https://www.greentechmedia.com/articles/read/wv-quantumscape-investment

記事題=次世代電池を研究開発している将来有望なユニコーン企業であるQuantumScapeにフォルクスワーゲンが約1億円を出資。

固形状態のリチウム金属電池を実用化できるだろうか?。再充電可能で商業的に利用可能なリチウム金属電池をたくさんの世代の研究者達が作ろうとして失敗してきた。(have tried and failedは現在完了形継続用法)。QuantumScapeは2010年にスタンフォード大学のスピンオフとして設立され最初はARPA-E(=米国エネルギー高等研究計画局)によって「全体電気電池(恐らく電池全体が電池機能のもの)」のために出資された。「全体電気電池」という疑わしい考えはもっと伝統的な固形金属のリチウム金属研究のためにすぐに捨てられた。(最初にARPA-Eが計画した全体電気電池よりもリチウム金属を使った固形電池の方が早く実現化しそうという意味)。電池オタクのために解説すると「固形状態」は「リチウム金属電極」では代名詞のような夢のようなものだ、Dosima ResearchのDavid Snydackerという電池専門家によると。(固形電池は夢のようなものという意味)。PitchBook Dataによると最近のベンチャー出資状況の中でQuantumScapeが10億ドル以上の評価を獲得して以来シリコンバレーの出版社のいくつかはQuantumScapeを『ユニコーン企業(=「創業10年以内」「評価額10億ドル=約1100億円以上」「未上場」「テクノロジー企業」)』に分類。これはまだ開発段階で重要な収益をあげていない会社としてはトップの評価。Theranosが一時90億ドルの評価を得ていたが。固形電池を研究開発しているQuantumScapeに出資した他のベンチャーキャピタルにはKleiner PerkinsやPrelude Venturesや Lightspeed Venture PartnersやCapricorn Investment GroupやKhosla Venturesがいる。(これらのベンチャーキャピタルが個別にどこに出資しているかを調べると面白そう)。QuantumScape CEOのJagdeep Singhが光ネットを研究開発していたLightera and Infinera社を創業した重要な証拠を光ネットオタクは握り仲間内で共有している。Capricorn Investment GroupのファンドマネージャーであるDipender SalujaはQuantumScapeの役員である。フォルクスワーゲン研究所所長Axel Heinrichも同様に役員である。First Solar社の先代社長であるBruce SohnはかつてQuantumScape社の社長を勤めた。

章題=リチウム金属電極と固形バッテリーについて。

QuantumScapeは固形バッテリーについてだけ考えている企業ではない。イオン金属(リチウム金属はイオン金属の一種)を含むこの技術でのベンチャー企業は他にジェネラルモーター社(=GM社=米国自動車メーカー)が投資家であるSolid Energy社やPrieto Battery社がある。(Solid Energy社やPrieto Battery社は共に公式サイトあり)。サイクロン掃除機でお馴染みのダイソン社が買収したSakti3社は固形バッテリーについて研究。ドイツ自動車部品メーカーであるBosch社が買収したSeeo社はポリマー電解質について研究。(ポリマー電解質とは今の電池の電解質は液体であるがその電解質をポリマー化=フィルム化して固体にすること)。(Sakti3社とSeeo社は共に公式サイトあり)。日本自動車メーカーであるトヨタは固形バッテリーについて重要なトヨタお得意のカイゼンを続けている。バッテリー専門家のSnydackerは次のように言い加えた。「1970年代に石油企業のエクソンモービル社が発明した充電時間がとても短いリチウムバッテリーにリチウム電極は戻す。(次世代のリチウム電極は充電時間をとても短くするという意味)。エクソンモービル社のバッテリーが発明されて以来40数年、再充電可能で商業的に利用可能なリチウム金属バッテリーをたくさんの世代のバッテリー研究者達が作ろうとして失敗してきた。リチウム金属についての主な挑戦は今までに知られているほとんど全ての金属についてリチウム金属は強くしばしば暴力的な化学反応を経験するというその特性である。約99.9%の金属はリチウム金属と接触すると化学反応を経験する。これらの化学反応は金属表面に(腐食作用に抵抗する酸化被膜である)不動態を作らずに連続的に起きる。稀な場合ではリチウム金属の化学反応は不動態を作り『エネルギー的に安定した』ものがリチウム金属の上を覆う。ほんの0.1%だけの金属がリチウム金属と接触しても熱力学的に安定している。これらの金属がリチウム金属の表面を守ったり長く使えるバッテリーを簡単に運用するのに使われうる」。

章題=電気自動車での優位を求めて自動車メーカーの巨人達は争っている。

フォルクスワーゲンは2012年からQuantumScapeと仕事を始めて、「電気自動車で使われるような電力」で電池セルのサンプルをテストしたかったとフォルクスワーゲンはQuantumScapeに要求している。(フォルクスワーゲンとQuantumScapeとの共同研究はまだテスト段階で実用段階ではないという意味)。フォルクスワーゲンとQuantumScapeは8年以上に渡って開発と重要な投資をしてきたが固形バッテリーの完成品を目指して2025年に向けた次の7年へいまだに手を取り合っていくだろう。(この記事の執筆は2018年)。QuantumScapeの電池式伝送機構の2025年の目標が達成されればある電池技術を工業的な完成品に持っていくような技術的に深くしかも実行可能な挑戦の詳細が明らかにされるだろう。フォルクスワーゲンによると「もしも固形バッテリーが実用化されたらe-golfというフォルクスワーゲンの車種の走行可能距離を現在の300キロメートルと比較して約750キロメートルに増やすだろう。(wouldは仮定法で固形バッテリーはまだ実用化されていないがもしも実用化されたらという意味)。この固形電池技術は現在のリチウムイオン(液体)電池を上回るかなりの優位を持っている:それは電気充填密度がより高く、安全性が強化され、充電性能はより良く速く、とりわけ一番いいのは電池搭載場所を大幅に減らせることだ」。より凄いエネルギー密度は固形リチウム金属電池の最も重要な長所だと電池専門家のSnydackerは言った。(これからの電池にとって一番大事なのはエネルギー充填密度である)。「エネルギー充填密度は2つの理由で電池にとって計測基準の鍵のままになるだろう。1つ目の理由は電池パックが固定された電気自動車にとってエネルギー充填密度がより高い電池は車の航続距離を伸ばす。2つ目の理由はある程度の航続可能距離が求められる電気自動車にとってエネルギー充填密度がより高い電池は電池パックをより小さくより安くできる。(どちらの理由も電池エネルギー充填密度と電気自動車の航続可能距離について話しているので電池エネルギー充填密度と電気自動車の航続可能距離は切っても切れない関係)。エネルギー充填密度が高い新しい外国の化学的手法は最初はコストがかかるかもしれないが長く運用するうちに製造工程が熟成されて電池の製造コストは電池素材の金属の値段に近づく。(QuantumScapeはリチウム固形電池を米国外の技術で実現しようとしているかもなので後で調べる)。重さを節約して電池を作るということは言い換えれば電池素材金属を節約するということだ。(科学技術を確立するまでは莫大な費用がかかるが確立してしまえばかなり安く利用できる)」。

章題=ベンチャーキャピタルの興味に企業投資家は追いついていない。(直訳は「企業投資家はベンチャーキャピタルの興味の不足を作り上げている」。この章を読んで文脈を考えた最終翻訳は「ベンチャーキャピタルの興味に企業投資家は追いついていない」)。

再生可能エネルギーメディアサイトである今翻訳中のGreenTechMediaの編集者で送電研究担当であるBen Kellisonは最近こう書いた。「戦略的な投資家はここ約18ヶ月に渡って送電ベンチャーキャピタルに投資を続けている、投資総金額を減らすがもっと意味深い投資になるように」。(have takenは現在完了形継続用法)。(発電量を増やしたり電池容量を増やす等の)送電のカサを増やす投資が電力電池技術のいまだ主流だ。じゃあなぜ最も伝統的なベンチャーキャピタル投資家にとって電池技術は地雷原のように見えるのだろうか?。(最も伝統的なは新技術に最も疎いという意味)。ベンチャーキャピタル投資家であるLux CapitalのパートナーであるShahin Farshchiは新しい電池技術に投資することとベンチャーキャピタルが相性が悪いことについて話した。(Shahinは中東に多い男性の名前)。熱力学の厳しい現実に直面すると電池ベンチャーは「着実な収穫」を作るために時間とお金の面で莫大な努力をしないといけない、これは「次の実験材料で一桁%の収穫を得る」としばしば見かけるが固形電池の研究開発においては無理だ。(先述した通り固形電池の最有望な素材はリチウム金属だがリチウム金属は他の金属試料の99.9%と激しく化学反応するので固形電池の研究開発において毎金属試料ごとに1桁%の収穫を得るのは無理。ほとんどの金属試料は空振り)。着実な収穫ではなく既存市場をぶっ壊すような工業的な改善を探すようにベンチャー達は求められている。しかしFarshchiは「ベンチャーキャピタルは特殊な場合のゲーム」であることを認知しているので、FarshchiはQuantumScapeのチャンスに投資をやめないだろう。(ベンチャーキャピタルLux CapitalのパートナーであるFarshchiはベンチャーは確実な収穫ではなく既存市場をぶっ壊すような大発見をすることを求められていることを認知しているのでFarshchiはQuantumScapeが大発見することに期待して投資をやめないだろうという意味)。(Farshchi would not dismissのwouldは仮定法で「FarshchiはQuantumScapeへの投資をやめられたとしてもやめないだろう」という意味でQuantumScapeが大発見する可能性が高いとFarshchiは思っているいう意味が含まれている)。

2-QuantumScapeの創業者でCEOのJagdeep Singhを調べてみた。

名前と民族はインド系。インド工科大学デリー校で電気工学において技術学位と技術修士。(インド工科大学は理数系大学で世界最高峰)。スウェーデン王立工科大学で哲学博士と工業環境学エンジニアリングに関する免許を取得。英国のノッティンンガムトレント大学で研究員として働き英国の研究機関であるCIE-MAPの一員だった。(CIE-MAPは英国のノッティンンガムトレント大学とリーズ大学とバース大学とウェールズ国のカーディフ大学の合同研究機関で工業エネルギー削減と金属素材と製造業について研究)。

3-QuantumScapeを創立する前にQuantumScapeのCEOのJagdeep Singhが創立したLightera and Infinera社について調べてみた。

現在社名はInfinera社。市場はNASDAQ。ストックシンボルはIFNF。業務は光通信伝送装置を製造供給。主要3分野は大陸間長距離光通信とメトロ都市間光通信とクラウドデータセンター相互接続光通信。本社はカリフォルニア州。従業員数は全世界に約二千人。時価総額は2019年1月現在で約7.3億ドル=約800億円。2017年通期決算において売上は約7.4億ドルで営業利益は約-1.8億ドル。2016年から2018年にかけて営業赤字は3期連続の見通し。(同業他社と比較してInfinera社が昔は良く今はなぜ駄目かを後で分析してみる)。

4-QuantumScape社と同じく将来有望なユニコーン企業と評されたTheranosについて調べてみた。

Theranosは米国女子大生が中退して少量の血液で200種類以上の血液検査を迅速安価に出来るふれ込みで2003年に設立した医療ベンチャー。2014年6月時価総額9000億円。しかし、2015年ウォール・ストリート・ジャーナルがTheranosの血液検査の信憑性に疑問を投げかける記事を掲載。また、Theranosの年商は1億ドル(約110億円)に達していないことがフォーブスの調査で明らかに。この後、Theranosは事業を縮小し解散。創業者女性は恋人とともに詐欺罪で起訴。