千円の防水スマホタブレットケースは面倒くさいお風呂を200倍楽しくします

千円の防水スマホタブレットケースは面倒くさいお風呂を200倍楽しくします

2018年12月19日水曜21時13分から21時46分まで:文章執筆投稿

千円ぐらいで買える防水ケースにスマホやタブレットを入れてお風呂に入ると、湯船に浸かりながら動画を見れたり、音楽を聞きながらシャンプーできたりと、時間がかかり面倒くさいお風呂タイムを200倍楽しくしてくれます。防水ケースはビニール生地が厚くスマホタブレット出し入れ口もしっかり防水加工がされているので、お風呂で1年近く使っていますが、防水ケースの中のスマホやタブレットがお湯でびしょ濡れになったということはありません。スマホやタブレットの本体に防水仕様が施された製品もありますが、これらの製品には短所2つがあります。短所1つ目は値段が高く大体1個3万円ぐらいすることと、短所2つ目は本体が濡れたまま充電してしまうと感電と出火をしてしまうことがあるということです。防水スマホタブレットケースはこの2つの短所をクリアします。防水ケースに入れるスマホタブレットは防水加工が施されていない安いもので大丈夫です。俺は経験がありませんが、防水ケースの中のスマホやタブレットがお湯でびしょ濡れになるケースが万が一あるので、防水ケースに入れて使うスマホやタブレットは安いものがいいと思います。次に防水ケースに入れて使ったスマホタブレットを充電するときは本体を防水ケースから取り出すので、本体は濡れていなく感電と出火をしてしまうことがありません。ただし、寒い冬にスマホやタブレットを防水ケースに入れて暖かい風呂場に持って行くとスマホタブレット本体内部の水分が露となって現れる結露は防水ケースで防げないので、防水ケースを使うときでも結露にだけはご注意をお願いします。