「2019年3月29日発売のiPad miniとiPad Airはスマホとタブレットのゲーマー向けです」

「2019年3月29日発売のiPad miniとiPad Airはスマホとタブレットのゲーマー向けです」
*執筆完了=2019年5月29日水曜日午前8時2分
*投稿SNS=2019年5月29日水曜日午前8時5分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午前8時39分
*2019年3月29日発売のiPad miniとiPad Airが搭載しているCPUはA12Bionicチップです。
*A12Bionicチップは現行のiPhoneの最高モデルであるiPhone XS Maxにも搭載されています。
*A12Bionicチップは処理速度が非常に速く特にスマホとタブレットのゲーマー向けです。
*iPhone XS Max SIMフリーの価格は約12万円からです。
*一方2019年3月29日発売のiPad miniの価格は約4万4千円からです。
*また2019年3月29日発売のiPad Airの価格は約5万3千円からです。
*処理速度が非常に速いA12BionicチップをiPhone XS Maxに比べてiPad miniとiPad Airは非常に安く買えます。
*上記の通り2019年3月29日発売のiPad miniとiPad Airはスマホとタブレットのゲーマー向けです。

「ApplePencil第2世代はApplePencil第1世代に比べて大幅にパワーアップしています」

「ApplePencil第2世代はApplePencil第1世代に比べて大幅にパワーアップしています」
*執筆完了=2019年5月29日水曜日午前7時13分
*投稿SNS=2019年5月29日水曜日午前7時15分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午前8時7分
*ApplePencil第2世代はApplePencil第1世代に比べて描画速度が速くペン先と筆記描画が離れません。
*またApplePencil第1世代は充電とペアリングをするときはiPadに挿さないといけませんでした。
*しかしApplePencil第2世代は充電とペアリングをするときはiPadの本体側面にマグネットでくっつけます。
*このようにApplePencil第2世代はApplePencil第1世代に比べて大幅にパワーアップしています。
*しかしApplePencil第2世代を今使えるのはiPadProだけです。
*ですがApplePencil第2世代は今後普及が見込まれます。

「折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが想定外にかなり良いです」

「折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが想定外にかなり良いです」

*投稿=2019年5月24日金曜午前08時12分
*誤字訂正=メインストリート→メインストリーム=2019年5月24日金曜午前09時11分

*今年2019年中に海外で折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが発売される予定です。
*予想販売価格は30万円です。
*未来の折りたたみスマホは過去の折りたたみガラケーを彷彿とさせ無意味であると揶揄する馬鹿がいます。
*しかしその揶揄は絶対に間違っています。
*過去の折りたたみガラケーは折りたたみ内側に広いメインディスプレイとテンキーを備え折りたたみ外側に小さなサブディスプレイを備えていました。
*つまり過去の折りたたみガラケーは過去のストレートガラケーに比べ持ち運び時はガラケーの厚みを少し増やしただけでそれ以上の快適な操作性を実現したものでした。
*実際に過去の折りたたみガラケーは過去のストレートガラケーを凌駕しメインストリームになりました。
*その折りたたみがもたらす操作性の向上は未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットにも必ず活かされます。
*どうしてかと言うと過去の折りたたみガラケーに比べて未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットがパワーアップしている点が2点あるからです。
*まず1点目は現代のスマホやタブレットは画面を分割して使うマルチタスクがとても便利ということです。
*マルチタスクの例は画面の半分で動画を見ながらもう半分でSNSをしたりブラウジングをしたりすることです。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて画面が2倍になるのでこのマルチタスクがとても捗ります。
*つまり未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは持ち運び時は現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて少し厚いだけですがマルチタスク力は2倍ということです。
*次に2点目ですが現代のスマホやタブレットの電池と液晶素子は過去のガラケーの電池と液晶素子に比べてとても薄くなった点です。
*過去の折りたたみガラケーの電池はテンキーの背面にありました。
*メインディスプレイの背面にはサブディスプレイもありましたので当時の電池と液晶素子の厚さを考えるとディスプレイ側に電池を入れることは不可能でした。
*しかし現代のスマホやタブレットの電池と液晶素子はとても薄くなっています。
*現代のストレートスマホやストレートタブレットにはディスプレイの背面に広く薄く電池が搭載されています。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットでは折りたたむ両側に電池を搭載することが必ず可能になると思います。
*そうなった場合は未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて少し厚いだけで電池容量が2倍になります。
*現代のスマホやタブレットを使っているときの悩みの1つは電池の持続時間です。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代の電池の持続時間も解決してくれます。
*現代では折りたたみ液晶は値段がとても高価です。
*しかし未来に折りたたみ液晶の値段は必ず安くなります。
*そうなれば未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットを凌駕しメインストリームになると思っています。
*このHuawei Mate Xのニュースを見て折りたたみ液晶企業を俺は調べました。
*Huaweiは天才企業であると俺は思っています。
*天才は現代に無駄な言葉をたくさん費やしません。
*天才は過去と現代を精密に検証し行動し未来を見通し結果を出すことでたくさんの凡人たちを凌駕します。
*このことをHuaweiに俺はとても期待しています。

千円の防水スマホタブレットケースは面倒くさいお風呂を200倍楽しくします

千円の防水スマホタブレットケースは面倒くさいお風呂を200倍楽しくします

2018年12月19日水曜21時13分から21時46分まで:文章執筆投稿

千円ぐらいで買える防水ケースにスマホやタブレットを入れてお風呂に入ると、湯船に浸かりながら動画を見れたり、音楽を聞きながらシャンプーできたりと、時間がかかり面倒くさいお風呂タイムを200倍楽しくしてくれます。防水ケースはビニール生地が厚くスマホタブレット出し入れ口もしっかり防水加工がされているので、お風呂で1年近く使っていますが、防水ケースの中のスマホやタブレットがお湯でびしょ濡れになったということはありません。スマホやタブレットの本体に防水仕様が施された製品もありますが、これらの製品には短所2つがあります。短所1つ目は値段が高く大体1個3万円ぐらいすることと、短所2つ目は本体が濡れたまま充電してしまうと感電と出火をしてしまうことがあるということです。防水スマホタブレットケースはこの2つの短所をクリアします。防水ケースに入れるスマホタブレットは防水加工が施されていない安いもので大丈夫です。俺は経験がありませんが、防水ケースの中のスマホやタブレットがお湯でびしょ濡れになるケースが万が一あるので、防水ケースに入れて使うスマホやタブレットは安いものがいいと思います。次に防水ケースに入れて使ったスマホタブレットを充電するときは本体を防水ケースから取り出すので、本体は濡れていなく感電と出火をしてしまうことがありません。ただし、寒い冬にスマホやタブレットを防水ケースに入れて暖かい風呂場に持って行くとスマホタブレット本体内部の水分が露となって現れる結露は防水ケースで防げないので、防水ケースを使うときでも結露にだけはご注意をお願いします。