「Androidアプリのアルテ日本語入力の有料プラグインについてご機嫌に解説してみます」

「Androidアプリのアルテ日本語入力の有料プラグインについてご機嫌に解説してみます」
*執筆完了と投稿SNS=2019年6月5日水曜日午後2時25分
*Androidアプリのアルテ日本語入力の有料プラグインについてご機嫌に解説してみます。
*2019年6月5日現在で消費税込み320円の有料プラグインを買う前の制限は柿の通りです。
*アルテローマ字入力モードとターンフリック入力モードにおいて日本語変換学習機能とユーザー辞書が無効。
*アルテローマ字入力モードにおいてSキーからKキーへのフリックで数字入力モードへの変更が無効。
*アルテローマ字入力モードとQWERTY入力モードとGODAN入力モードにおいて日本語ローマ字入力モードでの英字変換が無効。
*全てのキーボードレイアウトにおいてトリムフリックでの促音(=小さいっ)の入力が無効。
*この中で一番痛いのは最初に書いた「アルテローマ字入力モードとターンフリック入力モードにおいて日本語変換学習機能とユーザー辞書が無効」です。
*これが使えないとアルテ日本語入力の日本語変換機能が馬鹿なママで本当に不便で大腸の調子がおかしくなってうんこが出なくなってしまいます。
*消費税込み320円の有料プラグインを買うだけでアルテ日本語入力の日本語変換機能は馬鹿から天才に変わるのでこのプラグインの価値は3万円あります。
*他の3つの項目=3つの箇条書きは使えなくてもそんなに痛くないです。
*動画広告を見れば制限を4時間解除できますが動画広告が売り切れていて制限を解除できない場合が多いです。
*Androidアプリのアルテ日本語入力は本当に素晴らしいので早めにプラグインを買うと早く幸せになります。

「Androidアプリのアルテ日本語入力のアルテローマ字入力モードは日本語を入力するのがとても速いです」

「Androidアプリのアルテ日本語入力のアルテローマ字入力モードは日本語を入力するのがとても速いです」
*執筆完了と投稿SNS=2019年6月5日水曜日午前2時49分
*Androidアプリのアルテ日本語入力のアルテローマ字入力モードは日本語を入力するのがとても速いです。
*アルテローマ字入力モードとはローマ字が書かれたキーボードをなぞるだけで日本語を入力できます。
*例えばP→Aとなぞると「パ」と入力できます。
*アルテ日本語入力にはケータイ配列キーボードのターンフリック入力もありますがアルテローマ字入力モードの方が日本語入力が速いです。
*日本語入力が速いアルテローマ字入力を使ってもうバレているのに殺人と冤罪の打ち合わせを高級寿司屋で行って逮捕される黒幕Pみたいな小説を書いてみます。

「Androidアプリのgoogle日本語入力の学習機能が馬鹿だと思う人にはアルテ日本語入力というアプリがオススメです」

「Androidアプリのgoogle日本語入力の学習機能が馬鹿だと思う人にはアルテ日本語入力というアプリがオススメです」
*執筆完了と投稿SNS=2019年6月4日火曜日午後2時51分
*Androidアプリのgoogle日本語入力の学習機能が馬鹿だと思う人にはアルテ日本語入力というAndroidアプリがオススメです。
*Androidアプリのgoogle日本語入力の学習機能は馬鹿で俺がよく入力する鞭や黄金などの日本語をなかなか覚えてくれません。
*アルテ日本語入力というAndroidアプリの学習機能は頭が良く俺がよく入力する三角木馬や聖水などの日本語をすぐに覚えてくれます。
*この学習機能の頭の良さだけでアルテ日本語入力は使う価値があるAndroidアプリです。
*更にアルテ日本語入力にはターンフリックという機能があります。
*これは濁点(例=が)や半濁点(例=ぱ)や拗音(例=小さいゃ)を一筆で入力できます。
*例えばPが話すことになるでお馴染みの供述=きょうじゅつは普通のフリック入力だと7回入力しないといけません。
*これがターンフリック入力で少しなぞってフリック入力をすると3回の入力で大丈夫です。
*このターンフリックと学習機能の賢さが相まって俺はgoogle日本語入力に比べてアルテ日本語入力は当社比2倍で文章を書く速度が速まりました。
*ターンフリック入力とユーザー辞書のエクスポートとインポートをするには2019年6月4日現在で税込320円のプラグインを買わないといげません。
*俺にはターンフリック入力とユーザー辞書のエクスポートとインポートができる機能は3万円の価値があります。
*なので与沢翼もビックリの秒速で俺はプラグインをニコニコしながら買いました。
*プラグインを買ったgoogleアカウントだとプラグインを全端末で使えるのも素晴らしいです。
*スマホやタブレットを2009台持っている俺にはありがたくて涙がちょちょ切れます。

「Apple製品が人気がある知られていない理由」

「Apple製品が人気がある知られていない理由」
*執筆完了と投稿SNS=2019年6月2日日曜日午後11時56分
*Apple製品は高価ですが世界中で特に日本で人気があります。
*Apple製品が人気がある理由は巷では「オシャレだから」「友達が持っているから」と言われています。
*俺は更にApple製品が人気がある知られていない理由がありそれは「ハードの性能が良いから」だと思います。
*どういうことかと言うと最近2019年5月29日に発売されたiPod Touch第7世代は同じ価格帯で買えるAndroidスマホであるHUAWEI p20 liteよりベンチマークアプリAnTuTuスコアが約2倍です。
*HUAWEI p20 liteの価格は税込約2万円なのでアプリ処理速度だけを考えるとiPod Touch第7世代は税込約4万円レベルの製品ですがiPod Touch第7世代は税込約23,500円で買えます。
*また最新のiPhoneで売れ筋モデルであるiPhone XR 64GB SIMフリーのAnTuTu総合スコアは約35万点で同じ価格帯で買える人気AndoroidスマホであるGoogle Pixel 3 64GB SIMフリーは約22万点でアプリ処理速度はiPhone XRはGoogle Pixel 3の約1.6倍です。
*Google Pixel 3 64GB SIMフリーの価格は税込約95,000円なのでアプリ処理速度だけを考えるとiPhone XR 64GB SIMフリーは税込約154,000円レベルの製品ですがiPhone XR 64GB SIMフリーは税込約87,000円で買えます。
*また俺は中古のiPhoneSE 32GB SIMフリーを使っていますがスピーカーの音質やカメラの画質もAndroidスマホに比べて良いです。
*Apple製品を使っている人は知らず知らずのうちにそのハードの性能の高さを実感しているので所得が高い日本や欧米を中心にAppleは高いシェアを維持していると思います。

「今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました」

「今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました」
*執筆完了と投稿SNS=2019年5月31日金曜日午前11時6分
*白物家電の中でここ数十年で一番変化したのは掃除機だと思います。
*なので今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました。
*1位=ダイソン社=Dyson V10 Fluffy SV12 FF=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*2位=マキタ社(工作機器メーカー)=CL107FDSHW=スティック型コードレス紙パック掃除機
*3位=ダイソン社=Dyson V7 Fluffy=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*4位=日立社=パワーブーストサイクロン PV-BFH900=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*5位=ダイソン社=Dyson V8 Fluffy+ SV10FFCOM2=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*6位=シャープ社=RACTIVE Air EC-AR2S=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*7位=ダイソン社=Dyson V11 Fluffy SV14 FF=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*8位=パナソニック社=MC-PK20G=象さん型コード付き紙パック掃除機
*9位=ダイソン社=Dyson V7 Slim SV11 SLM=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*10位=アイロボット社=ルンバ e5 e515060=ロボット自動掃除機
*ランキングを見て最初に分かることは10製品中7製品がスティック型コードレスサイクロン掃除機であり8製品がスティック型コードレス掃除機であることです。
*これは先程の俺のつぶやきでダイソン社とアイロボット社の売上と純利益を調べたときも思ったのですがスティック型コードレスサイクロン掃除機はロボット自動掃除機よりもたくさん売れて利益率が高いです。
*これはロボット掃除機に対応した家や家具がまだ少なくロボット掃除機はスティック型コードレスサイクロン掃除機に比べて研究開発費をたくさん使わなければならないということが考えられます。
*次に2位にマキタ社が入っていますがこれはネットの発達により機械メーカーが持つ独自技術を他の市場が大きな製品に簡単に転用しやすくなったからです。
*このように機械メーカーが他分野の製品作りに参入したりスタートアップが製品作りに新規参入するケースが最近激増しています。
*最後にランキングに載っている日立社とシャープ社とパナソニック社について簡単に分析すると日立社とシャープ社は新製品への対応力を持ちますがパナソニック社は新製品への対応力が皆無です。