「空調服を開発した市ヶ谷弘司さんの開発秘話が面白いので紹介します」

「空調服を開発した市ヶ谷弘司さんの開発秘話が面白いので紹介します」
*執筆完了と投稿SNS=2019年6月1日土曜日午前6時54分
*市ヶ谷弘司さんは1991年にソニーを早期退職し自社を設立しブラウン管の評価装置を製造販売していました。
*そんな中で市ヶ谷さんは販売で赴いた東南アジアでビル全体を冷やすクーラーを目にして「クーラーの電気代は凄いんだろうな」や「東南アジアの人全員がクーラーを使うと電力危機が起きるのではないか」と思いました。
*この現在と未来の問題をどうにか解決できないかと試行錯誤して開発したのが現在と未来の問題を解決する現在の空調服です。
*空調服は人が体温を下げるために最初から持っている汗をファンで完全に蒸発させて汗の機能を完全に発揮させて市ヶ谷さんはこれを「生理クーラー理論」と名付けました。
*空調服は現在では夏場の暑い中での作業での熱中症を防止し空間ではなく人の体温を下げることでとてつもないエネルギー節約を実現しています。