「今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました」

「今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました」
*執筆完了と投稿SNS=2019年5月31日金曜日午前11時6分
*白物家電の中でここ数十年で一番変化したのは掃除機だと思います。
*なので今日2019年5月31日の価格ドットコムの掃除機人気売れ筋ランキングを調査し最近の掃除機の流行りと各社の特徴を分析してみました。
*1位=ダイソン社=Dyson V10 Fluffy SV12 FF=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*2位=マキタ社(工作機器メーカー)=CL107FDSHW=スティック型コードレス紙パック掃除機
*3位=ダイソン社=Dyson V7 Fluffy=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*4位=日立社=パワーブーストサイクロン PV-BFH900=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*5位=ダイソン社=Dyson V8 Fluffy+ SV10FFCOM2=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*6位=シャープ社=RACTIVE Air EC-AR2S=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*7位=ダイソン社=Dyson V11 Fluffy SV14 FF=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*8位=パナソニック社=MC-PK20G=象さん型コード付き紙パック掃除機
*9位=ダイソン社=Dyson V7 Slim SV11 SLM=スティック型コードレスサイクロン掃除機
*10位=アイロボット社=ルンバ e5 e515060=ロボット自動掃除機
*ランキングを見て最初に分かることは10製品中7製品がスティック型コードレスサイクロン掃除機であり8製品がスティック型コードレス掃除機であることです。
*これは先程の俺のつぶやきでダイソン社とアイロボット社の売上と純利益を調べたときも思ったのですがスティック型コードレスサイクロン掃除機はロボット自動掃除機よりもたくさん売れて利益率が高いです。
*これはロボット掃除機に対応した家や家具がまだ少なくロボット掃除機はスティック型コードレスサイクロン掃除機に比べて研究開発費をたくさん使わなければならないということが考えられます。
*次に2位にマキタ社が入っていますがこれはネットの発達により機械メーカーが持つ独自技術を他の市場が大きな製品に簡単に転用しやすくなったからです。
*このように機械メーカーが他分野の製品作りに参入したりスタートアップが製品作りに新規参入するケースが最近激増しています。
*最後にランキングに載っている日立社とシャープ社とパナソニック社について簡単に分析すると日立社とシャープ社は新製品への対応力を持ちますがパナソニック社は新製品への対応力が皆無です。

「Apple PencilとSamsung Galaxy Sペンを製造している工場について調べてみました」

「Apple PencilとSamsung Galaxy Sペンを製造している工場について調べてみました」
*投稿SNS=2019年5月31日金曜日午前6時49分
*スマホやタブレットの業界を引っ張っているAppleやSamsungは最近スタイラスペンに注力しています。
*そこでApple PencilとSamsung Galaxy Sペンを製造している工場について調べてみました。
*Apple Pencilを製造している工場はフォックスコンで日本名は鴻海科技集団=ほんはいかぎしゅうだんで2016年3月にシャープを買収したので日本でも有名な企業ですね。
*Samsung Galaxy Sペンを製造している工場はSamsungが直営していて韓国の亀尾市にあり亀尾市の人口は約39万人です。