「モバイルCPUのSnapDragonについての知識を拡大調査してみます」

「モバイルCPUのSnapDragonについての知識を拡大調査してみます」
*執筆完了=2019年5月29日水曜日午前11時53分
*投稿SNS=2019年5月29日水曜日午前11時53分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午後4時24分
*モバイルCPUのSnapDragonについての知識を拡大調査してみます。
*SnapDragonを設計しているのは米国のQualcomm社です。
*Qualcomm社は米国証券市場であるNASDAQに上場しており株式シンボルはQCOMです。
*Qualcomm社の2019年5月28日米国時間現在の株価は65ドル36セントで直近10年の底値である2010年6月の32ドル84セントから約2倍になっています。
*またSnapDragonのアプリケーションプロセッサコアはScorpionと呼ばれQualcomm社が独自に開発しています。
*しかしScorpionの多くの特徴は英国のARM社のCortex-A8/9コアと類似しています。
*ARM社は孫正義が率いるソフトバンクグループに2016年9月に買収され上場廃止になったことで日本でも有名な会社ですね。
*またSnapDragonに含まれるQualcomm社独自のGPUテクノロジであるAdrenoはAMD社から買収したモバイルグラフィック技術を元に設計されています。
*AMD社はPCのCPU市場でIntel社を現在猛追しており俺が愛してやまないリサ・スー女史が社長として率いています。
*AMD社は米国証券市場であるNASDAQに上場しており株式シンボルはAMDです。
*AMD社の2019年5月28日米国時間現在の株価は29ドル9セントで直近10年の底値である2015年9月の1ドル72セントから約17倍になっています。
*またIntel社がモバイルプロセッサ事業でどうして活躍できないかについてはまたの機会に書きます。

「今日2019年5月29日水曜日に発売されたiPod Touch第7世代はスマホゲーマーやアプリ処理速度を求める人に向いた端末です」

「今日2019年5月29日水曜日に発売されたiPod Touch第7世代はスマホゲーマーやアプリ処理速度を求める人に向いた端末です」
*執筆完了=2019年5月29日水曜日午前11時0分
*投稿SNS=2019年5月29日水曜日午前11時0分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午後4時3分
*今日2019年5月29日水曜日にiPod Touch第7世代が発売されました。
*iPod Touch第7世代に搭載されているCPUはA10 Fusionチップです。
*A10 FusionチップはiPhone7に搭載されていました。
*またiPod Touch第7世代はメモリ2GBを搭載していると推定されています。
*iPhone7もメモリ2GBを搭載していると推定されています。
*つまりiPod Touch第7世代とiPhone7のベンチマークはほぼ同じであると推定されます。
*さてiPhone7のベンチマークアプリAnTuTuの総合スコアは17万で3Dスコアは4万6千です。
*このベンチマークスコアはCPUのSnapDragonでいうと710シリーズに相当します。
*SnapDragon710シリーズはスマホのミドルレンジ最上位の性能です。
*さてiPhone7と現在同じ価格帯である約2万円で買えるSIMフリー新品スマホはHuawei P20 liteです。
*Huawei P20 liteのベンチマークアプリAnTuTuの総合スコアは8万7千で3Dスコアは1万3千です。
*このベンチマークスコアはCPUのSnapDragonでいうと630シリーズに相当します。
*SnapDragon630シリーズはスマホのミドルレンジの性能です。
*上記の数字の通り今日2019年5月29日水曜日に発売されたiPod Touch第7世代のベンチマークアプリAnTuTuのスコアは同価格帯であるHuawei p20 liteの約2倍です。
*スマホゲームやアプリ処理速度に関してだけ見ればiPod Touch第7世代は同価格帯であるHuawei p20 liteより約2倍優れています。
*なので今日2019年5月29日水曜日に発売されたiPod Touch第7世代はスマホゲーマーやアプリ処理速度を求める人に向いた端末です。
*しかしiPod Touch第7世代はSIMカードを使うことができません。
*端末を購入する際には他のたくさんの要素のご検討もお願いします。