「トランプ大統領はリーマンショック並の次の経済危機を引き起こす戦犯になるとここに預言します」

「トランプ大統領はリーマンショック並の次の経済危機を引き起こす戦犯になるとここに預言します」
*執筆完了と投稿SNS=2019年6月1日土曜日午前7時27分
*トランプ大統領はリーマンショック並の次の経済危機を引き起こす戦犯になるとここに預言します。
*なぜならトランプ大統領の経済と外交と金融の方針とそれらに対する中国の反応と各国の金融政策などの全体的なマクロ経済を考えるとです。
*どういうことかと言うと現在では米国と中国は経済戦争状態にあると言えこの経済戦争は留まることを知らず未来にお互いに手酷い損失を受けます。
*両国の手酷い損失は世界経済の基盤を痛め痛んだ世界経済の基盤は現在の世界経済を支えきれなくなり世界経済の大崩落が起きるからです。

「折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが想定外にかなり良いです」

「折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが想定外にかなり良いです」

*投稿=2019年5月24日金曜午前08時12分
*誤字訂正=メインストリート→メインストリーム=2019年5月24日金曜午前09時11分

*今年2019年中に海外で折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが発売される予定です。
*予想販売価格は30万円です。
*未来の折りたたみスマホは過去の折りたたみガラケーを彷彿とさせ無意味であると揶揄する馬鹿がいます。
*しかしその揶揄は絶対に間違っています。
*過去の折りたたみガラケーは折りたたみ内側に広いメインディスプレイとテンキーを備え折りたたみ外側に小さなサブディスプレイを備えていました。
*つまり過去の折りたたみガラケーは過去のストレートガラケーに比べ持ち運び時はガラケーの厚みを少し増やしただけでそれ以上の快適な操作性を実現したものでした。
*実際に過去の折りたたみガラケーは過去のストレートガラケーを凌駕しメインストリームになりました。
*その折りたたみがもたらす操作性の向上は未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットにも必ず活かされます。
*どうしてかと言うと過去の折りたたみガラケーに比べて未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットがパワーアップしている点が2点あるからです。
*まず1点目は現代のスマホやタブレットは画面を分割して使うマルチタスクがとても便利ということです。
*マルチタスクの例は画面の半分で動画を見ながらもう半分でSNSをしたりブラウジングをしたりすることです。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて画面が2倍になるのでこのマルチタスクがとても捗ります。
*つまり未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは持ち運び時は現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて少し厚いだけですがマルチタスク力は2倍ということです。
*次に2点目ですが現代のスマホやタブレットの電池と液晶素子は過去のガラケーの電池と液晶素子に比べてとても薄くなった点です。
*過去の折りたたみガラケーの電池はテンキーの背面にありました。
*メインディスプレイの背面にはサブディスプレイもありましたので当時の電池と液晶素子の厚さを考えるとディスプレイ側に電池を入れることは不可能でした。
*しかし現代のスマホやタブレットの電池と液晶素子はとても薄くなっています。
*現代のストレートスマホやストレートタブレットにはディスプレイの背面に広く薄く電池が搭載されています。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットでは折りたたむ両側に電池を搭載することが必ず可能になると思います。
*そうなった場合は未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて少し厚いだけで電池容量が2倍になります。
*現代のスマホやタブレットを使っているときの悩みの1つは電池の持続時間です。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代の電池の持続時間も解決してくれます。
*現代では折りたたみ液晶は値段がとても高価です。
*しかし未来に折りたたみ液晶の値段は必ず安くなります。
*そうなれば未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットを凌駕しメインストリームになると思っています。
*このHuawei Mate Xのニュースを見て折りたたみ液晶企業を俺は調べました。
*Huaweiは天才企業であると俺は思っています。
*天才は現代に無駄な言葉をたくさん費やしません。
*天才は過去と現代を精密に検証し行動し未来を見通し結果を出すことでたくさんの凡人たちを凌駕します。
*このことをHuaweiに俺はとても期待しています。

なぜポイントバックは「インフレ」を加速するかということを今話題のpaypayで解説します。

なぜポイントバックは「インフレ」を加速するかということを今話題のpaypayで解説します。

投稿=2019年2月5日火曜

paypayのポイントバック第二弾が話題ですが各社が展開するポイントバックは「インフレ」を加速すると俺は思います。「インフレ」とは銀行預金や財布の中の現金の価値が落ち食料品やスマホや車などの「物の値段が上がること」です。なぜポイントバックは「インフレ」を加速するかということを今話題のpaypayで解説します。paypayの第二弾ポイントバックキャンペーンは5000円を使うと1000円分のポイントをもらえます。このように1000円分のポイントをもらう人はたくさんいます。1000円分のポイントをもらった人達は「この1000円分のポイントで何かを買いたい」と思います。この「何かを買いたい気持ち」を「需要」と言います。つまりポイントバックは「需要」を増やします。一方、「市場で売られている物」の数は「需要」が増えたからと言って急には増えません。この「市場で売られている物の数」のことを「供給」と言います。つまりポイントバックは「需要」を増やしますが「供給」を増やしたり減らしたりはしません。物を作って市場で売っている会社はポイントバックの後に自社が作っている物を欲しがる人が増えたことに気づきます。その会社は「自社の物を欲しがる人が増えたから値段をちょっと上げても売れそうだ」と思い自社の物の値段をちょっと上げます。この「物の値段が上がること」を「インフレ」と言います。以上のように需要と供給の面からポイントバックは「インフレ」を加速するということを解説してみました。

俺が行っているコンビニのセブンイレブンとローソンとファミリーマートの陳列商品は高さが違う Item display heights are different, between Japanese convenient stores Seven-Eleven and Lawson and Family-Mart, where I go

俺が行っているコンビニのセブンイレブンとローソンとファミリーマートの陳列商品は高さが違う Item display heights are different, between Japanese convenient stores Seven-Eleven and Lawson and Family-Mart, where I go

記事執筆20時00分から20時16分まで
英訳20時17分から21時06分まで
記事更新21時06分

俺が行っているコンビニのセブンイレブンとローソンとファミリーマートの陳列商品は高さが違います。
Item display heights are different, between Japanese convenient stores Seven-Eleven and Lawson and Family-Mart, where I go.
俺が行っているセブンイレブンとローソンとファミリーマートの話なので、全てのセブンイレブンとローソンとファミリーマートに言える話ではないかもしれません。
This topic is about in my going Seven-Eleven and Lawson and Family-Mart, so this topic doesn’t match all Seven-Eleven and all Lawson and all Family-Mart, sorry.

俺が行っているコンビニの中で陳列商品の高さが一番高いのはローソンで約2メートルあります。
The highest item display is Lawson in my going convenient stores, and the height is about 2 meter.
俺が行っているローソンは商品を高く積み上げ、たくさんの商品を客に見せています。
My going Lawson piles up many times, and shows many items to customers.
俺が行っているローソンの陳列方法はドン・キホーテの圧縮陳列みたいです。
How to display items of my going Lawson is like “compress items display” of Don-Ki-Hohte, Japanese discount store.
ドン・キホーテも商品を高く積み客にたくさんの商品を見せています。
Don-Ki-Hohte also piles up, and shows many items to customers.
万引きを防ぐには昔は陳列商品の高さを低くしていました。
In the old days, convenient stores had to lower heights of items display to prevent shopliftings.
しかし、今は防犯カメラが小さくかつ高精度になったので圧縮陳列ができるようになったと俺は思っています。
But now, I think, security cameras are small and high definition, so stores can display items by compress.

俺が行っているコンビニの中で商品陳列の高さが一番低いのはファミリーマートで約1m40cmです。
The lowest items display is Family-Mart in my going convenient stores, and the height is about 1.4 meter.
商品陳列の高さが低いので、店内が開放的で買い物がしやすいです。
Heights of items display of my going Family-Mart are low, so it is very opened, we can buy things comfortably.
俺は商品陳列の高さはファミリーマートが一番好きです。
I like Family-Mart the best about items display height in my going convenient stores.

俺が行っているコンビニの中でセブンイレブンの商品陳列の高さは約1m70cmです。
Seven-Eleven’s height of items display is about 1.7 meter in my going convenient stores.
セブンイレブンの商品陳列の高さはローソンとファミリーマートの中間です。
Seven-Eleven’s height of items display is the middle between Lawson and Family-Mart.
セブンイレブンは商品陳列の高さで中間値を取って人々のマス層を顧客として取り入れたいのではないかと思っています。
I wonder if, Seven-Eleven wanna get mass layer of people as their customers by setting the middle height of items display.

Jバフェット0013短縮版=ウォーレン・バフェットの最も心を揺さぶる演説 – #ウォーレンは私の師匠(2016年6月公開動画短縮版)=J Buffet 0013 short version=Warren Buffett’s Most Inspirational Speeches – #MentorMeWarren, uploaded in Jun 2016 short version

Jバフェット0013短縮版=ウォーレン・バフェットの最も心を揺さぶる演説 – #ウォーレンは私の師匠(2016年6月公開動画短縮版)=J Buffet 0013 short version=Warren Buffett’s Most Inspirational Speeches – #MentorMeWarren, uploaded in Jun 2016 short version

バフェットの英語インタビュー動画を日本語に翻訳して俺なりの解説をつけます。

引用:出典元=quotation : Source
ウォーレン・バフェットの最も心を揺さぶる演説 – #ウォーレンは私の師匠
Warren Buffett’s Most Inspirational Speeches – #MentorMeWarren
2016年6月公開動画
This video was uploaded in Jun 2016
https://www.youtube.com/watch?v=oRnwnB51zpI

この動画の題=tiltle of this video
ウォーレン・バフェットの最も心を揺さぶる演説 – #ウォーレンは私の師匠
Warren Buffett’s Most Inspirational Speeches – #MentorMeWarren

J解説 = J explanation
Inspirational=意味:心を揺さぶる

introduction “he’s often referred to as the wizard of Omaha, and is one of the most successful investors of all time”
導入「彼はオマハの魔法使いとよく呼ばれていて、そして、彼は歴史上最も成功した投資家の一人です」

J解説 = J explanation
*「refer XX=他動詞:XXを参照する」という意味が一般的ですが「be referred
XX be referred to YY=直訳:XXはYYに参照されている=熟語:XXはYYと呼ばれている」という熟語の使い方がよくされるので、この熟語は覚えてしまいましょう。
*heは”and is one”のisの主語でもあるので、日本語に訳すときはisの主語はheであると訳すと、とても読みやすい日本語になるので、上記の訳には「彼は」を付け足しました。
*of all timeは直訳は「すべての時間の」ですが、このall timeはよく「オールタイム俺の映画ベストテン」などと使われるもので、意味は「いつでも」や「永遠の」や「歴史上」です。

introduction “he is known for his belief in value investing, and his living in frugality despite his immense wealth”
導入「バリュー投資に信念を持っていると彼は知られていて、そして、彼は巨大な富を持っているにも関わらず彼は質素に生活していることも知られています」

J解説 = J explanation
*he is known for his belief in value investingの直訳は「バリュー投資の中で彼の信念としては知られている」ですが、この導入者が言いたいことは「バリュー投資に信念を持っていると彼は知られている」なので、こういう訳にしました。英語を直訳してぎこちない日本語になるときは、話者や筆者が何を言いたいのかという真意を見抜くことがとても大事です。
*frugality=意味:質素、倹約
*「despite of XX=熟語:XXにも関わらず=in spite of XX」は有名でとても良く使われる熟語なので覚えてしまいましょう。
*immense=意味:巨大な=huge
*despite his immense wealthの直訳は「彼の巨大な富にも関わらず」という名詞表現ですが、英語は名詞表現が好きで日本語は動詞表現が好きなので、日本語訳は「彼は巨大な富を持っているにも関わらず」という動詞表現にしました。

introduction “he’s also one of the world’s greatest philanthropist having pledged to give away 99% of his fortune to charity”
導入「彼は彼の財産の99%を慈善事業に寄付することを誓約した世界で最も偉大な博愛主義者の一人でもあります」

J解説 = J explanation
*philanthropist=意味:博愛主義者
*この導入者は英語をゆっくりと大きく話すので、とても聞き取りやすいですよね。俺は100%聞き取れます。
*pledged=pledgeの過去分詞形
*pledge=他動詞:誓約する、名詞:誓約
*having pledgedは、have+過去分詞で現在完了形とhavingで動名詞という2つの英文法の要素があって、直前のthe world’s greatest philanthropistを説明しています。
*fortuneの意味は「幸運」が一般的ですが、ここでは「(幸運がもたらしてくれた)果報、繁栄、成功、富」の意味で使われています。
*charityの意味は「チャリティー」でも日本人でも分かりそうですが、英語を日本語に翻訳するときはできるだけ日本語を使うほうがいいので、ここでは「慈善事業」と訳すのがいいと思います。
*give away XXの直訳は「XXを与えて遠ざける」という意味ですが、ここでは「慈善事業に自分の財産を寄付する」という意味なので、そういう訳にしました。
*ウォーレンは偉大な投資家なので犯罪を犯さないですね。

introduction “mentor me Warren”
導入「ウォーレンは私の師匠」

questioner “I was wondering how you define success personally”
質問者「お二人は成功を個人的にどのように定義していますか?」

J解説 = J explanation
*wonder XX=他動詞:XXを不思議に思う
*define XX=他動詞:XXを定義する
*上の英文の直訳は「あなた方は成功を個人的にどのように定義しているか私は不思議に思っていました」ですが、ここでは質問者がステージ上にいるバフェットとビル・ゲイツの二人に質問しているので、訳を質問形式にしました。

Buffet ”well, I can certainly define happiness, because that’s what I am”
バフェット「えーと、私はある程度幸せを定義できますよ、なぜなら私は幸せだからです」

J解説 = J explanation
*certainly=副詞:ある程度
*because that’s what I am の直訳は「それは私自身だからです」ですが、バフェットは「私は幸せだから幸せを定義できます」と言いたいので、訳はそのようにしました。what I amみたいな「what+主語+be動詞」は英語でよく使われますが、訳は「主語自身」ではなく、その話者や筆者が言いたいことを訳したほうが、とても読みやすい日本語になります。
*ここで観客達から笑いが起きるので、上の文はバフェットジョークですね。

Buffet ”I mean, I am an effective”
バフェット「私はその質問の答えにうってつけだという意味です」

J解説 = J explanation
*mean XX=他動詞:XXを意味する
*effective=形容詞:効果的な
*effectiveの前に冠詞のanがあるのでeffectiveのあとに名詞がありそうですがバフェットは省略しています。何の名詞が省略されているかとバフェットが言いたいことを考えると、「私はその質問のanswer=(その質問の)答えにうってつけです」とバフェットは言いたいと思うので、訳もそのようにしました。

ここまでで動画時間は33秒です。
この動画の残り時間は22分17秒です。

この動画はバフェットの話を10個に分けて、それぞれにタイトルが10個つけられています。
上で翻訳したバフェットへの質問とバフェットの回答には「1. Do what you love」というタイトルがつけられています。
この動画でつけられた10個のタイトルを以下に引用しますね。
1. Do what you love
2. Make smart bets
3. Define your circle of competence
4. Get ahead of the game
5. Be rational
6. Keep it simple
7. Learn from mistakes
8. Choose Passion over wealth
9. Have the right heroes
10. Play bridge
“4. Get ahead of the game”や”10. Play bridge”はタイトルだけを見るとわかりにくいのですが、動画を見るとなるほどなーということが多くて、とても勉強になります。

俺と仲がいい人はこのような短縮版記事のフルバージョン記事を無料で無制限で見れます。

最近、俺のアメリカ株が絶好調です。
アメリカ株の情報はほとんど英語なので、英語が得意で良かったなあと思っています。

===

俺と仲がいい人は下記のような短縮版記事のフルバージョン記事を無料で無制限で見れます。
If you are my friend, you can read my full version entries of my following short version entries.

Jバフェット英語インタビュー動画日本語翻訳解説0001 – Warren Buffett On Why He’ll Never Sell a Share of Coke Stock short version – どうしてバフェットはコカコーラ株を決して売ろうとしないのか?短縮版
http://jxxgod.tokyo/?p=109

J映画評論0001短縮版=リーマンショック分析ドキュメンタリー映画「インサイドジョブ 世界不況の真実」短縮版=J=movie review 0001 short version=Leman shock analysis documentary movie “inside job” short version
http://jxxgod.tokyo/?p=141

J経済解説0006-2000年代(2000-2009)の日本経済について解説短縮版(引用元:NHK経済ドキュメンタリー欲望の経済史日本戦後編第6話 – J economy explanation 0006 – explanation about 2000’s Japanese economy short version
http://jxxgod.tokyo/?p=96

Jオススメアイテム0001 – ゲーミングマウスの俺オススメを日本語と英語で解説 – J – RecommendItem0001 – my recommend gaming mouse by Japanese and English
http://jxxgod.tokyo/?p=77

広告費で運営している自分のブログを使って無料で英語を日本語で教えるブログ無料英語家庭教師を始めます(申し込みページ)。 – I start to be the free blog private tutor of English language by Japanese language with my blog of advertisement management(application entry).
http://jxxgod.tokyo/?p=115

広告費で運営している自分のブログを使って無料で日本語を英語で教える無料ネット日本語家庭教師を始めます(申し込みページ)。 – I start to be the free blog private tutor of Japanese language by English language with my blog of advertisement management (application entry).
http://jxxgod.tokyo/?p=123