「モバイルCPUのSnapDragonについての知識を拡大調査してみます」

「モバイルCPUのSnapDragonについての知識を拡大調査してみます」
*執筆完了=2019年5月29日水曜日午前11時53分
*投稿SNS=2019年5月29日水曜日午前11時53分
*投稿ブログ=2019年5月30日木曜日午後4時24分
*モバイルCPUのSnapDragonについての知識を拡大調査してみます。
*SnapDragonを設計しているのは米国のQualcomm社です。
*Qualcomm社は米国証券市場であるNASDAQに上場しており株式シンボルはQCOMです。
*Qualcomm社の2019年5月28日米国時間現在の株価は65ドル36セントで直近10年の底値である2010年6月の32ドル84セントから約2倍になっています。
*またSnapDragonのアプリケーションプロセッサコアはScorpionと呼ばれQualcomm社が独自に開発しています。
*しかしScorpionの多くの特徴は英国のARM社のCortex-A8/9コアと類似しています。
*ARM社は孫正義が率いるソフトバンクグループに2016年9月に買収され上場廃止になったことで日本でも有名な会社ですね。
*またSnapDragonに含まれるQualcomm社独自のGPUテクノロジであるAdrenoはAMD社から買収したモバイルグラフィック技術を元に設計されています。
*AMD社はPCのCPU市場でIntel社を現在猛追しており俺が愛してやまないリサ・スー女史が社長として率いています。
*AMD社は米国証券市場であるNASDAQに上場しており株式シンボルはAMDです。
*AMD社の2019年5月28日米国時間現在の株価は29ドル9セントで直近10年の底値である2015年9月の1ドル72セントから約17倍になっています。
*またIntel社がモバイルプロセッサ事業でどうして活躍できないかについてはまたの機会に書きます。

「将来に生活を劇的に改善し世間を席巻する巨大企業になるIPO株を数十年も握ることは絶対に可能である」

「将来に生活を劇的に改善し世間を席巻する巨大企業になるIPO株を数十年も握ることは絶対に可能である」
*執筆開始=2019年5月26日日曜午前3時3分
*執筆終了=2019年5月26日日曜午前4時25分
*投稿sns=2019年5月26日日曜午前4時25分
*投稿ブログ=2019年5月27日月曜午後2時36分
*将来に生活を劇的に改善し世間を席巻する巨大企業になるIPOを数十年も握っていることは不可能であると揶揄する糞馬鹿がいます。
*これはその糞馬鹿が株式投資において調査力も自信も信念も執拗も未来を見通す目も全く持っていない証拠であります。
*糞馬鹿は有望な銘柄をろくに調べもしないので銘柄に対する自信もなく自分は大成するんだという信念もなく全てのことに対して勝利する執着もなく未来を見通す目も全く持っていないので投資企業の細かな揺らぎに翻弄して持ち株を売ってしまいます。
*糞馬鹿である自分のたくさんの特徴を引き合いに出してこのことを一般論として話すことは「自分は糞馬鹿である」ということを世間に自ら宣伝しています。しかも糞馬鹿はこの「自分は糞馬鹿である」と自ら宣伝していることについて全く分かっていません。だから世間の悪人たちから鴨として狙われていることも分かっていません。
*さて俺は一度買った米国株や日本株などの全ての株を数十年に渡って持つようにする投資方針を持っています。
*俺がこれをできるのは銘柄に対する調査力と自分と銘柄に対する自信と自分は大成するんだという信念と自分は全てのことに対して成功するんだという執着と未来を身通す目を持っているからです。
*株式市場で調査もしない自信もない信念もない執着もない未来を見通す目もない糞馬鹿参加者は株式市場において勝ち組参加者から体液であるカネを吸われ続けて干からびる養分に過ぎません。
*俺が最近株でめちゃくちゃ勝っているのは狙いをつけた養分を調べ上げて体液であるカネを吸い続けているからです。

「折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが想定外にかなり良いです」

「折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが想定外にかなり良いです」

*投稿=2019年5月24日金曜午前08時12分
*誤字訂正=メインストリート→メインストリーム=2019年5月24日金曜午前09時11分

*今年2019年中に海外で折りたたみスマホであるHUAWEI Mate Xが発売される予定です。
*予想販売価格は30万円です。
*未来の折りたたみスマホは過去の折りたたみガラケーを彷彿とさせ無意味であると揶揄する馬鹿がいます。
*しかしその揶揄は絶対に間違っています。
*過去の折りたたみガラケーは折りたたみ内側に広いメインディスプレイとテンキーを備え折りたたみ外側に小さなサブディスプレイを備えていました。
*つまり過去の折りたたみガラケーは過去のストレートガラケーに比べ持ち運び時はガラケーの厚みを少し増やしただけでそれ以上の快適な操作性を実現したものでした。
*実際に過去の折りたたみガラケーは過去のストレートガラケーを凌駕しメインストリームになりました。
*その折りたたみがもたらす操作性の向上は未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットにも必ず活かされます。
*どうしてかと言うと過去の折りたたみガラケーに比べて未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットがパワーアップしている点が2点あるからです。
*まず1点目は現代のスマホやタブレットは画面を分割して使うマルチタスクがとても便利ということです。
*マルチタスクの例は画面の半分で動画を見ながらもう半分でSNSをしたりブラウジングをしたりすることです。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて画面が2倍になるのでこのマルチタスクがとても捗ります。
*つまり未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは持ち運び時は現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて少し厚いだけですがマルチタスク力は2倍ということです。
*次に2点目ですが現代のスマホやタブレットの電池と液晶素子は過去のガラケーの電池と液晶素子に比べてとても薄くなった点です。
*過去の折りたたみガラケーの電池はテンキーの背面にありました。
*メインディスプレイの背面にはサブディスプレイもありましたので当時の電池と液晶素子の厚さを考えるとディスプレイ側に電池を入れることは不可能でした。
*しかし現代のスマホやタブレットの電池と液晶素子はとても薄くなっています。
*現代のストレートスマホやストレートタブレットにはディスプレイの背面に広く薄く電池が搭載されています。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットでは折りたたむ両側に電池を搭載することが必ず可能になると思います。
*そうなった場合は未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットに比べて少し厚いだけで電池容量が2倍になります。
*現代のスマホやタブレットを使っているときの悩みの1つは電池の持続時間です。
*未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代の電池の持続時間も解決してくれます。
*現代では折りたたみ液晶は値段がとても高価です。
*しかし未来に折りたたみ液晶の値段は必ず安くなります。
*そうなれば未来の折りたたみスマホや折りたたみタブレットは現代のストレートスマホやストレートタブレットを凌駕しメインストリームになると思っています。
*このHuawei Mate Xのニュースを見て折りたたみ液晶企業を俺は調べました。
*Huaweiは天才企業であると俺は思っています。
*天才は現代に無駄な言葉をたくさん費やしません。
*天才は過去と現代を精密に検証し行動し未来を見通し結果を出すことでたくさんの凡人たちを凌駕します。
*このことをHuaweiに俺はとても期待しています。

ビル・ゲイツや孫正義が出資しているBreakthrough Energy Venturesというベンチャーキャピタルが公式サイトで公開している出資ベンチャー10社がどういう会社かを簡単に解説してみます。

ビル・ゲイツや孫正義が出資しているBreakthrough Energy Venturesというベンチャーキャピタルが公式サイトで公開している出資ベンチャー10社がどういう会社かを簡単に解説してみます。

投稿:2019年2月3日日曜
更新:2019年2月4日月曜

目次
1-ビル・ゲイツや孫正義が出資しているBreakthrough Energy Venturesというベンチャーキャピタルが公式サイトで公開している出資ベンチャー10社がどういう会社かを簡単に解説してみます。
2-BEV出資ベンチャー10社を見てこれから大切になりそうな最新技術のキーワードを書いてみます。

1-ビル・ゲイツや孫正義が出資しているBreakthrough Energy Venturesというベンチャーキャピタルが公式サイトで公開している出資ベンチャー10社がどういう会社かを簡単に解説してみます。

参考文献:Breakthrough Energy Ventures公式サイト=BEVが投資しているベンチャー企業たち=http://www.b-t.energy/ventures/our-investment-portfolio

BEV出資ベンチャー解説1番目=ZERO MASS water社。解説2文=家の上に太陽光パネルを置いて太陽光で水道水を蒸留させその蒸留水を清潔な飲み水として提供、従来の逆浸透膜法だと清潔な飲み水を手に入れるために水道水の一部を捨てないといけないが太陽光蒸留法だと全ての水道水を飲み水にできる。

BEV出資ベンチャー解説2番目=Quidnet Energy社。解説2文=蓄電するときは貯水池に貯めた水に圧力をかけ放電するときは水の圧力を抜き排水される水の凄いを利用して水力発電タービンを回す蓄電放電ベンチャー、水力蓄電は通常は水力発電タービンより高所にダムを建設するがQuidnetは圧力を使うためダム建設が不要。

BEV出資ベンチャー解説3番目=QuantumScape社。解説2文=充電時間が数分で完了し充電容量は現在主流のリチウムイオン電池よりも2倍から3倍と言われている全固体電池を研究開発するベンチャー。全固体電池はそろそろ製品化できそうなところやその性能が今までの産業を根底から覆す力は青色発光ダイオードに超似ている。

BEV出資ベンチャー解説4番目=PIVOT BIO社。解説2文=合成窒素肥料は世界の食料の半分の生産に貢献しているが生物が住めない死海を作ることや大気中の二酸化炭素を増やすことにも関与している、合成窒素肥料の代わりに農家に土中の窒素を増やす微生物を提供。

BEV出資ベンチャー解説5番目=MALTA社。解説2文=太陽光発電と風力発電の間欠性を問題視し蓄電放電を研究開発するベンチャー。蓄電時は塩を電気で溶かし液体窒素を電気で冷やし熱冷として蓄電し放電時は熱い溶塩が水を沸騰させその蒸気が発電タービンを回し冷たい液体窒素が蒸気を冷却させ水に戻す。

BEV出資ベンチャー解説6番目=FORM ENERGY社。解説2文=MALTA社と同様に太陽光と風力の発電の間欠性を問題視していて4時間蓄電できる現在のリチウムイオン電池では不十分なので新蓄電方法を研究開発するベンチャー、蓄電に使えるかどうか試料を消去法で消していて水性硫黄を蓄電に使うらしい。

BEV出資ベンチャー解説7番目=FERVO ENERGY社。解説2文=100%再生可能なエネルギーの未来を実現するための実行可能な基礎としての地熱発電を所有し開発し運営することによって所有技術を商業化しているベンチャー、一言で言うと地熱発電を研究開発しているベンチャー。

BEV出資ベンチャー解説8番目=Dynamic Metabolic Control Biotechnologies社。解説2文=欲しい生物資源を育ててすぐ得る技術を研究するバイオベンチャー、その技術は欲しい生物資源から遺伝子を取り出し伝令RNAを取り出し酵素を作り酵素が欲しくない成分を溶かして欲しくない成分が育つのを待たない。

BEV出資ベンチャー解説9番目=Commonwealth Fusion System社。解説2文=高温核融合炉を実現するのに最も有効な方式であるトカマク型をより小さくし核融合システムをより安くより速くするような研究をしているベンチャー、その方法は希少物質のバリウム銅酸化物を超伝導帯に投入するというものである。

BEV出資ベンチャー解説10番目=CarbonCure社。解説2文=現代にはコンクリート製のビルや道路が多数あるがコンクリートを作ると二酸化炭素を多数排出する、CarbonCureはコンクリートを作る際に二酸化炭素をコンクリートに注入し大気中の二酸化炭素を減らし更にコンクリートの強度も上げる技術を開発。

2-BEV出資ベンチャー10社を見てこれから大切になりそうな最新技術のキーワードを書いてみます。

BEV出資ベンチャー10社を見てこれから大切になりそうな最新技術のキーワードを書いてみます=二酸化炭素削減、核融合、生物資源、再生可能エネルギー、太陽光と風力の発電の間欠性、現在のリチウムイオン電池は不十分、脱合成窒素肥料、全固体電池、清潔な飲み水、逆浸透膜法は水道水一部を捨ててる。

最新技術を調べる上で「その最新技術はどのような技術か」を調べることも大事ですが「現代の問題は何か」と「その最新技術は現代をどのように改善するか」の方が大事だと思います。なぜなら「現代の問題を解決しなかったり」「現代を改善しない」「最新技術」は意味が全くないからです。例えばBEV出資ベンチャーを見てこれから大切になりそうな最新技術のキーワードで「太陽光と風力の発電の間欠性」を俺は書きましたが「太陽光と風力の発電の間欠性」を解決するForm ENERGY社の水性硫黄を使う蓄電技術やMALTA社の溶塩冷液体窒素蓄電技術についてはキーワードとして書きませんでした。これは「太陽光と風力の発電の間欠性」を解決するFORM ENERGY社とMALTA社の「最新技術」も大事ですが「太陽光と風力の発電の間欠性」という「現代の問題」の方がもっと大事だからです。大事なことなので繰り返し言いますが「現代の問題を解決しなかったり」「現代を改善しない」「最新技術」は意味が全くありません。

ビル・ゲイツやジェフ・ベゾスや孫正義やマーク・ザッカーバーグやジャック・マーが出資しているベンチャーキャピタルBreakthrough Energy Ventures銘柄ラスト10番目のZERO MASS waterがどんなサービスを提供しているかをZERO MASS waterの公式サイトで調べてみました。

投稿 : 2019年1月31日木曜

ビル・ゲイツやジェフ・ベゾスや孫正義やマーク・ザッカーバーグやジャック・マーが出資しているベンチャーキャピタルBreakthrough Energy Ventures銘柄ラスト10番目のZERO MASS waterがどんなサービスを提供しているかをZERO MASS waterの公式サイトで調べてみました。
参考文献 : https://www.zeromasswater.com

太陽光パネルを家の屋根に置いて太陽光と空気を使って一般家庭に清潔な飲み水を提供しているみたいです。太陽光パネルを使って水道水を蒸発させその蒸留水を清潔な飲み水として提供しているみたいです。ZERO MASS waterのサービスを使えば清潔な水を飲むためにペットボトルのゴミが出ないしフィルターでろ過された水を飲まなくても大丈夫です。ZERO MASS waterのサービスであるSOURCEを使えば10年間で7万本のペットボトルを節約でき水道水を一滴も無駄にしません。清潔な水を飲む方法で有名なRO filter(逆浸透膜フィルター)は飲み水1ガロン(=約3.79リットル)を作るために3ガロンか4ガロンを捨てなければならないがZERO MASS waterのSOURCEを使えば一滴の水道水も無駄にしません。太陽が当たる所ならどこでもZERO MASS waterのSOURCEを利用できます。SOURCEは水道水を清潔にするだけではなく健康と味覚を最適化する正しいミネラルも加えます。これらの電解質はSOURCEの水を美味しくします。SOURCEの家庭システムはZERO MASS waterのネットワークに繋がっています。利用者は自分が飲む水が作られる所や水の成分値をリアルタイムで見ることができます。